敏感肌と腸内細菌

MENU

敏感肌と腸内環境には深い関係が…

腸内細菌とは腸内にいる微生物のことです。
人の腸の中で約1000種類、少ない人で600兆個、多い人で1000兆個の腸内細菌が大腸にいます。その重さはなんと約1キロです。
驚きますね。

 

その腸内細菌にはよく耳にする「善玉菌」と「悪玉菌」そしてどっちとも言えない「日和見菌」という菌種がいます。
1キロの最近のうち約7割は日和見菌です。
健康であれば善玉菌が優勢で約2割、残りの1割が悪玉菌になっています。
そのバランスが崩れると腸内バランスが崩れるといって、体の免疫機能が低下して私たちは病気にかかりやすくなります。

 

ところで私達から出てくるうんちですが、8割は水分です。
残りの2割中3分の1が食べたもののカス、3分の1が腸の粘膜が剥がれたもの、3分の1が腸内細菌です。
このうんちが毎日規則正しく出ることが大事です。
便秘になるということは体外に排出されるべきものが排出されない状態になり、うんちを餌にする悪玉菌が増えてしまいます。

 

便秘が続けば続くほどに悪玉菌の割合が増えていくことになります。
発がん性物質を筆頭に有害物質がどんどん発生します。
おまけにおならも臭くなっちゃいます。そしてさらに便秘が解消されないとその有害物質たちが腸壁からどんどん吸収されていきます。
そして血液中をめぐり、汗の中にまじり毛穴から出て、肌荒れやアレルギーの原因となります。
ですから便秘にならないように水分をしっかりとって、脂質と糖質は控えめのバランスの良い食事、ヨーグルトや食物繊維は気にしてとるようにし、十分な睡眠をとって適度な運動をするように心がけましょう。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌と腸内細菌関連ページ

食べ物で対策
30歳を過ぎて敏感肌かなと思ったらどんな対策をとればいい?食べ物でとる対策もあります。