敏感肌によい食べ物

MENU

敏感肌に良い食べ物

敏感肌になってしまう原因は様々あります。
ストレスや間違ったスキンケア、それからもう一つ、それは偏った食生活です。
脂質や糖質、炭水化物の摂り過ぎは肌の天然バリアの機能を鈍らせて肌が敏感に偏ってしまいます。
そうならないようにはバランスの良い食事が基本なのですが、特に敏感肌に良いと言われているのはビタミンやミネラルです。
ビタミンAは目や皮膚などの細胞の新陳代謝、それから全身の粘膜を正常に維持してくれます。ビタミンB2・B6は皮膚炎を予防してくれます。
それからビタミンB郡の一つのビオチン、ビタミンHとも呼ばれています。
これは髪や皮膚を健やかに保つために重要です。
そして肌にとっても重要だと有名なのがビタミンC、コラーゲンの生成に一役買っていて肌にハリを与えてくれます。
それからミネラルではイオウ、これは皮膚や爪を丈夫にしてくれます。
あとは亜鉛、新しい細胞を作るのを助けてくれます。
肌の新陳代謝には重要です。
そして最後にミネラルでもビタミンでもないですが、不溶性食物繊維、腸のお掃除をしてくれます。
腸内が汚れているとその毒素が腸壁から吸収され、血液中にまわり、毛穴から出てきてその毒素で肌あれが起こる可能性があるからです。
ビタミンAが含まれているのはレバーやうなぎ、小松菜など、ビタミンB2もやはりレバーやうなぎ、それから納豆、B6はレバー、豚肉、魚、じゃがいもなど、ビオチンはレバー、ピーナッツ、卵など、ビタミンCはいちご、柑橘類、ほうれん草など、イオウは大豆や玉ねぎ、ニラなど、亜鉛は牡蠣やレバー、牛肉などに含まれています。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌によい食べ物関連ページ

腸内細菌で対策
敏感肌と腸内環境には深い関係があります。