敏感肌のシャンプー

MENU

敏感肌はシャンプーにも気を使います

敏感肌の人は、洗髪には、ほとほと苦労しているようです。
元々刺激に敏感な肌質なので、シャンプーいかんで頭皮がチクチクするだけならまだしも、赤く炎症を起こすともなれば大問題です。

 

最近では、敏感肌用に低刺激をうたったシャンプーが何社からも出ています。
自分の肌質を念頭に置き、肌に優しいことを第一優先にし、何社か使い分けて、自分に一番合うものを選び取りたいものです。
商品選びには、ランキングサイトや口コミによる評判なども、参考にはなるでしょう。

 

敏感肌であろうと、洗髪に特別な約束事がある訳ではありませんが、人よりも肌がデリケートな分、慎重にならざるを得ないことは、もっともなことです。
髪を洗う前に、軽くブラッシングしておくと、シャンプー成分の通りが良くなり、より効果的にできます。お湯の温度は、40度くらいのぬるま湯が適温です。

 

中には、特に男性は、シャンプーを直に頭につける人がいますが、これは、敏感肌にはNG行為です。
いくら低刺激性だからといっても、手のひらに適量取り、お湯で薄めてから、髪全体に万遍なく塗布するように浸透させていくのがコツです。

 

髪を洗う際、爪を立てて頭皮をゴシゴシすると、頭皮に傷を付け、ひいては肌荒れの原因ともなるので、指の腹で優しくマッサージをするように洗うのがオススメです。
ブラシを使って洗髪する人もいますが、気持ち良いのですが、これとても頭皮への刺激が強過ぎるので注意が必要です。

 

洗髪は、すすぎも重要で、シャンプー成分が残っていると新進などの肌荒れの原因となるので、時間をかけて、しっかりとすすぎをします。
洗髪の回数ですが、やはりやり過ぎはお薦めしません。
敏感肌の場合1日に2回が限度だと考えたほうがよいでしょう。

 

また、当然ですが、敏感肌の場合、顔のスキンケアも悩みどころ。
敏感肌とは「お肌のバリア機能」が損なわれた状態ですから、時には自分の汗にたいしてすら「過剰反応」してしまいます。
対策としては、体質の改善などの他に、スキンケアによって物理的に「お肌のバリア機能」をアシストする方法があります。
バリア機能のサポートについて詳しい解説はこちらのページです(当サイト内のページです)⇒クリック

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌のシャンプー関連ページ

洗顔
30歳を過ぎた敏感肌にゴシゴシ洗顔が厳禁。良い成分の石鹸で泡だけ洗顔を。
クレンジング
30歳を過ぎたお肌はデリケート。敏感肌ならなおさら。クレンジングもお肌に負担をかけない配慮が大切です。
ピーリング
敏感肌でピーリング?古い組織や汚れを落とし、正しいターンオーバーを目指すには有効な時も…。
毛穴処理
加齢とともに気になるのが毛穴の開きや黒ずみ。30歳からの加齢肌・デリケート肌の毛穴処理について。