敏感肌の毛穴処理

MENU

加齢とともに気になるのが毛穴の開きや黒ずみ

毛穴の黒ずみをいかにするか、敏感肌であれば、なおのこと困難が付きまといます。
よほど洗浄力の強いケア用品は、肌に刺激が強過ぎ、第一、汚れを強制的に除去しても、その場しのぎに過ぎません。

 

敏感肌にとってのケア用品としては、基本的に、肌のターンオーバーを整えてくれるものがベストです。
意識はしていなくとも、肌は恒常的に生まれ変わりを続けているので、肌に本来の力が戻ってくれば、頑固な汚れも自動的に改善されていくものです。

 

あまつさえ、敏感肌はターンオーバーが上手くいっていないことが多いものです。
毛穴には、古くなって酸化した角栓や皮脂が貯まっていき、黒ずみの原因となります。
ファンデで応急的に隠すことはできますが、根本的には、やはりきちんとしたケアが必要となります。

 

 

頑固な黒ずみのケア方法の基本は、毛穴を開かせ、汚れを洗い流し、その後引き締めるというものです。
敏感肌には、低刺激のケア用品を選ぶのが原則ですが、基本はいっしょです。

 

目立つ黒ずみを落としやすくするため、毛穴を開かせ汚れを効率良く吸着してくれる洗顔剤で、汚れを落としていきます。
開けた穴を放置したままでは、また汚れが貯まりやすくなるので、化粧水で引き締めてケアの完了です。
敏感肌でも、地道にケアを続けていけば、美肌になっていくのが次第に実感されることでしょう。
特に、小鼻周辺は汚れが貯まりやすいので、念入りにケアします。

 

最近では、家庭でもできるピーリングが、毛穴ケアにも定着されつつあります。
石けんやジェルタイプのものに人気があり、敏感肌は週1回が限度なのかもしれません。
それでも、効果的なケア方法として、ネットなどでは評判しきりの状況です。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌の毛穴処理関連ページ

洗顔
30歳を過ぎた敏感肌にゴシゴシ洗顔が厳禁。良い成分の石鹸で泡だけ洗顔を。
クレンジング
30歳を過ぎたお肌はデリケート。敏感肌ならなおさら。クレンジングもお肌に負担をかけない配慮が大切です。
ピーリング
敏感肌でピーリング?古い組織や汚れを落とし、正しいターンオーバーを目指すには有効な時も…。
シャンプー
敏感肌はシャンプーにも気を使います。どんな点に注意したらよいのでしょう?