敏感肌のクレンジング

MENU

30歳を過ぎたデリケートな肌はクレンジングもお肌に負担をかけない配慮が大切

クレンジングをきちんとやっておかないと、化粧品の油分やカスが毛穴などに詰まり、やがて肌トラブルの原因にもなります。
そして、30歳を過ぎて目に見えない小皺が生じてからは、以前にもまして大切なケアになります。

 

さらに敏感肌は、皮脂分泌が普通肌と比較して少なめなので、クレンジングが過ぎれば、必要以上に皮脂が洗い落とされてしまいます。肌質を考えて、可能な限り肌負担の少ないスキンケアを心がけたいものです。

 

毎日分泌される皮脂は、肌に膜を形成することで、天然のクリームとたとえられるように、肌を保護し保湿する役割を担っています。
敏感肌の場合、普通のクレンジング剤で、過度に皮脂を取り去ってしまうリスクがあるので、使われている成分にも配慮が必要です。

 

クレンジング剤には、必然的に界面活性剤が入っていて、これが悪者扱いにされていることは周知の通りです。
ですが、水分と油性のメークアップ分を馴染ませ、汚れを落とすためには必須の成分でもあります。

 

ただし、界面活性剤そのものが、デリケートな肌には恐怖と映ることには変わりはなく、使うのは仕方ないにしても、必要最低限に止めてもらいたいというのが本音でしょう。
現在では、敏感肌のために、石油系に代え、天然由来の界面活性剤が入ったクレンジング剤が市販されている状況なので、口コミや評判を参考にしつつ、気になったものがあったら試してみるのがオススメです。

 

また、拭き取るだけでよいシートタイプも手軽さが受けて人気が高いようですが、拭き取る行為は、肌へ大きな刺激になることがあることから、敏感肌は避けた方が賢明でしょう。
界面活性剤の量も、洗い流すタイプの方が比較的少ないと言え、やはりこちらの方に軍配が上がります。

 

ともかくも、クレンジング剤は、肌上にのっかっている時間をできるだけ短くするのが肝要です。
軽いメークの場合は、いっそのこと洗顔だけで済ますという方法もアリでしょう。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌のクレンジング関連ページ

洗顔
30歳を過ぎた敏感肌にゴシゴシ洗顔が厳禁。良い成分の石鹸で泡だけ洗顔を。
ピーリング
敏感肌でピーリング?古い組織や汚れを落とし、正しいターンオーバーを目指すには有効な時も…。
毛穴処理
加齢とともに気になるのが毛穴の開きや黒ずみ。30歳からの加齢肌・デリケート肌の毛穴処理について。
シャンプー
敏感肌はシャンプーにも気を使います。どんな点に注意したらよいのでしょう?