敏感肌の洗顔

MENU

30歳を過ぎてデリケートさを増した敏感肌の洗顔にはナニが大切?

敏感肌にとっては、洗顔一つとっても、おっかなびっくりになることが多いものでしょう。
洗顔したら肌が荒れた、顔が赤くなった、ヒリヒリした、ピリピリした…いろいろなトラブルを経験しているからです。
かと言って、洗顔をしないわけにはいきません。
適切にケアをして、清潔な肌をキープしたいものです。

 

30歳を過ぎてデリケートさを増した敏感肌の洗顔には次のことがポイント。

 

【ポイント1】
肌を傷める成分が入った石鹸を使わない。

 

【ポイント2】
肌を傷める洗い方をしない。

 

つまりは、「肌にダメージを与えずに汚れを落としてくれる石鹸を使って泡だけでやさしく洗う」ということです。

 

まずは、洗顔料ですが、昔ながらの固形石けんに、最近では液状タイプも人気があります。
ただ液状タイプの方は、界面活性剤など、敏感肌にとっては強い刺激となる成分が多く入っているのでNGケースが多いです。
オススメは固形石けんの方で、キチンと泡立てて洗えば、刺激もそれほど気にならず、かつ着実に汚れは落ちてくれます。

 

洗顔石けんを使う際は、よく泡立てるのがポイントです。
できれば、100円ショップで売っているようなもので十分なので、洗顔ネットを使用すると、よりきめ細かく泡立てることができ、汚れを落としやすくなってベターです。

 

さて、準備が整ったら顔につけて、細かな泡に汚れを包み込ませるようなイメージで、時間をかけて洗い上げていきます。
若くてピチピチの頃は多少ゴシゴシ洗っても平気だったかもしれませんが、30歳を過ぎたお肌にはダメージを与えます。
まして、敏感肌には、ある意味、逆効果。
力が入るゴシゴシ洗いが常態化したら、炎症や色素沈着の原因ともなりかねません。

 

洗顔のポイントは、手と肌の間に泡をクッションのように入り込ませ、軽くマッサージでもするような感覚で洗い上げていきます。
強さの目安としては「指が顔に直接触れない」というくらいソフト。
指の腹で顔上に弧を描くようにがコツで、敏感肌にはもちろん、普通肌の人にも優しい洗い方です。

 

洗顔後は、ソフトなタオルを使って、軽く肌にタッチするようにして、水分を拭き取ります。
敏感肌には、仕上げの段階で使うタオルにもこだわって欲しいもので、マイクロファイバーなどの柔らかめの素材を使用したものがオススメ。ふき取りもゴシゴシはダメ。押し付けて水分を取るくらいの感覚で。

 

忙しくてあんまり時間をかけられない、という方のためにコツをいくつか…。
ひとつは、あわ立てはネットを使って効率よく。そして、洗顔時の指や手の動かし方もムラがなくムダもない動きをあらかじめ定めておき、それをルーチンの手順として手に覚えさせておけば便利です。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌の洗顔関連ページ

クレンジング
30歳を過ぎたお肌はデリケート。敏感肌ならなおさら。クレンジングもお肌に負担をかけない配慮が大切です。
ピーリング
敏感肌でピーリング?古い組織や汚れを落とし、正しいターンオーバーを目指すには有効な時も…。
毛穴処理
加齢とともに気になるのが毛穴の開きや黒ずみ。30歳からの加齢肌・デリケート肌の毛穴処理について。
シャンプー
敏感肌はシャンプーにも気を使います。どんな点に注意したらよいのでしょう?