顔がかゆい

MENU

顔がかゆい!その原因は?

顔のかゆみ」を感じたからといって、すぐに皮膚科や病院に駆け込む人は多くありません。たいていの人は、「どうして顔がかゆいのだろう?」と、まず「顔がかゆい原因」を考えます。「前髪が肌に触ってくすぐったい」とか「蚊に刺されてかゆくなてしまった」など、原因がはっきりしていればよいのですが、思い当たることがとくにないのに「なんとかくムズムズする」など、皮膚にかゆみがあれば、いろいろと原因考えてしまいます。

「新しい化粧品が肌に合わないのだろうか?」
「急に顔がかゆいのは、なにかのアレルギーなのかしら?」
「花粉症で顔がかゆいのだろうか?」
「季節がら黄砂が原因かもしれない?」
「ストレスで顔がかゆいこともあるって言われたけど…?」
「こないだちょっと日焼けしたせいでかゆい?」
「汗で顔がかぶれるから?」
「なにか顔がかゆい病気かしら?」

顔が痒い原因はいろいろ考えられますが、まず、鏡で頬や目元、口の周りや鼻、おでこなど、顔中をチェックしてみましょう。
皮膚の状態の見た目に変わりはないでしょうか?
変化は、「赤く腫れている」「湿疹になっている」「じんましんのような凸凹がある」「顔のぶつぶつがかゆい」など、一目瞭然の物理的な変化や、わかりやすいアレルギー症状だけではありません。
「顔がカサカサしている」「よく見ると地肌がガサガサ肌荒れしている」など、地味な肌状態の変化にも注意が必要です。
なんといっても、まずかゆみの原因がわからなければ対策ができませんから、まず顔の皮膚の状態をよくセルフチェックをしてみましょう。

顔がかゆい時の肌の状態はカサカサ?ブツブツ?それとも…

顔が痒いとき、顔の皮膚の状態はどんな様子でしょうか。「ざらざら」「ぶつぶつ」「赤い」「腫れている」「皮むけ」「できものがある」「ニキビではないぶつぶつがある」「赤い斑点」「赤い腫れ」「乾燥している」…いろいろな状態があります。まずは鏡でチェックしてみましょう。
【乾燥肌でかゆい】
顔にかゆみを感じる時、顔の皮膚がカサカサしたりガサガサしているようならば皮膚の乾燥が原因かもしれません。
乾燥肌は顔の皮膚表面の角層が荒れている状態なので外部からの異物や刺激に敏感になります。つまり敏感肌の状態ですから、普段ならなにも感じない刺激や異物に対しても(たとえば花粉や黄砂など)敏感になって痒みを感じてしまうのです。
日本人の約80%が「乾燥肌の自覚を持っている(※1マイボイスコムのインターネット調査による)」という報告もありますから、「顔がかゆい」の多くのケースが、この「乾燥肌」⇒「敏感肌」だと想像できます。

【湿疹でかゆい】
一方、アレルギーなどによる顔湿疹が原因の「かゆみ」もあります。
顔の皮膚にブツブツボコボコは見えないでしょうか。
顔湿疹は顔に凸凹が生じるなど、症状が見えやすいので、地肌をさわったり鏡を見たりすればすぐにわかると思います。
ひどい状態になると痒みもつらいものになり、悪くなるとその痒みも手近なスキンケアコスメなどでは手に負えなくなるので、そんな場合は病院や皮膚科で塗り薬や内服薬等を処方してもらいましょう。
アレルギーの場合、食べ物のよって生じるもの(体の中からくる)と、皮膚への刺激よって(体の外から)生じるものがありますが、正確な原因の特定を求めるならば病院で血液検査を受けるべきです。

発疹が赤いぶつぶつの場合だと湿疹なのかニキビなのか外見上、見分けが難しいこともあります。
湿疹はかゆくて、ニキビはかゆくない、というのが簡単な判別方法です。
それと、ニキビは毛穴に生じる炎症ですから、その点を注意して鏡をよく見れば、外見からの区別も可能です。

【汗アレルギーでかゆい】
また、どんなタイミングで顔がかゆくなるかもセルフチェックのポイントです。
たとえば、表面上なんにも変化はないけれど「汗ばむ時に顔がかゆくなる」、というのであれば「汗アレルギー」が考えられます。
洗顔後にヒリヒリするのならば石鹸や洗顔料、化粧水やクリームでピリピリするのであればそれらの製品が肌に合ってないのかもしれません。

【ホルモンの変調などでかゆい】
そして、そういった「外的な要因」が同じ(いつもと同じものを使っている)なのに顔がかゆくなるのであれば、「内的な要因」が考えられます。
具体的には、ストレスや生理・過労などによるホルモンの変調によって皮膚の調子が悪くなり、それがかゆみの原因になることももあるのです。

【加齢乾燥肌でかゆい】
「更年期に顔がかゆい」という状況もあります。
これは、更年期による女性ホルモンの減少ということがまず第1の原因です。
ただ、それだけではなく、加齢による皮膚の乾燥=いわゆる加齢乾燥肌もかゆみの原因のひとつになっていると考えられます。加齢乾燥は顔だけでなく全身に現われるので、足や太もも、おなかなど、全身のどこかの場所が痒くなることもあります。


また、睡眠習慣や偏った食生活なども皮膚の乾燥につながるのでチェックが必要です。

「どんな時にかゆくなって、その時の皮膚の状態がどのような様子なのか」

これらをよく観察し、セルフチェックすることが「原因の特定」につながります。

この他に顔カビや食生活が原因かもしれない方はこちら⇒★詳細を見る★

●顔カビが原因
 ⇒環境を清潔に。
 ⇒脂漏性皮膚炎の場合は皮膚科で治療⇒皮膚科一覧

●食生活が原因
 ⇒肌の健康や免疫力によい栄養を摂る
 ⇒ファーストフードやスイーツ、油モノなどを避ける 
★閉じる★


※マイボイスコム インターネット調査(2008年)回答者数:15,073名 対象:10代〜50代以上の男女 男性:46% 女性:54%

乾燥肌による「顔がかゆい」は、なぜ冬場に多いのか?

顔がかゆい…化粧水や石鹸も特に変えていないのににかゆくなった…それが、「寒い季節になるとかゆい」というケースならば、乾燥が原因ということが多いです。

 

先ほども書きましたが、もともと日本人の約80%が「乾燥肌の自覚を持っている」という報告もありますが、比較的温暖多湿の日本においてこれほど人たちが「乾燥肌の自覚」を持つというのは、やはり冬場や寒い季節の乾燥した時期があるからでしょう。

 

なぜ冬は空気が乾燥するかですが、簡単に言うと、空気が抱きとめておける水蒸気(水分)の量が、気温が低くなるほど少なくなるからです。
それによって、冬は気温が下がるだけでな、く湿度も下がり、その結果空気も乾燥するということです。
そのせいで皮膚の水分も蒸発し、お肌も乾燥してしまうのです。
乾燥したカサカサ肌の状態だと、肌表面のバリア層にちょっとほころびができています。
すると、普段、平気だった化粧品でも刺激になってかゆくなったりしますし、皮膚がとても敏感になっているので、ホコリや風、自分の汗などにも過剰反応して、かゆみを感じることもあるのです。

アレルギーで「顔がかゆい」のアレルゲンは?

「顔がかゆい」ということは、そもそも、皮膚が顔の表面に異物を察知し、それを遠ざけようとして生じる反応です。

ゴミや虫など、本当の異物が「顔がかゆい」の原因ならば、その反応は、自己防衛のために必要なのですが、アレルギーの場合は、本来、反応しなくてもよいものに反応してしまうのです。
ハウスダストやダニ、煙や花粉などがアレルゲンとしては知られていますが、時には自分の汗や普段使っている化粧品の成分などに反応することもあります。
さらにそういった外的要因だけでなく、食べ物や飲み物などの、いわば内的要因がアレルゲンとなったかゆみもあります。
「子供の頃、アトピー性だった」
という人はもちろん、花粉症のように、大人になって急に発生するアレルギーもありますから、油断は禁物なのです。

「顔のかゆみを感じる」≒「敏感肌」かも

顔のかゆみで悩む人の中には、自分の肌を「敏感肌かも」と感じた人は少なくありません。

 

ある調査によると、日本人女性の約90%が「自分を敏感肌だと思う」と答えています※2。
これは、先ほどの「日本人の約80%が乾燥肌を自覚」という割合よりも大きい数字です。

 

この敏感肌の人たちの多くは、「顔の肌がピリピリする」なども含め、「顔がかゆい」を感じたことがあるはずです。
それではどうして敏感肌で顔がかゆくなってしまうのでしょうか。

 

これはアレルギーの反応に似ています。
敏感肌は皮膚のバリア層がほころびている状態なので、わずかな刺激物でも「排除すべき異物」と判断して普段以上の反応をしがちなのです。
でも、自分が敏感肌かどうかわからない…
そこで次のセルフチェックシートを見てください。
★セルフチェックシートを見る★

□汗をかくと肌がむずがゆくなることがある
□冷たい風や日光で湿疹のようなものができたことがある
□同じ化粧品なのにピリピリを感じることがある
□同じ化粧品なのにお肌が赤くなったり腫れたことがある
□化粧品を変えたら肌に異常を感じたことがある
□季節の変わりめで肌がゆらぐことがある
□ストレスがある時や忙しい時に肌が荒れたことがある
□秋冬に肌が乾燥してつらい
□原因がわからない湿疹症状ができることがある
□アトピー性皮膚炎である、あるいはそうだったことがある

★閉じる★

このうち思い当たることが複数個ある場合は、敏感肌の可能性が高し、です。
その場合は、敏感肌用のセルフケアでバリア層を強化することでスッキリできるかもしれません。
今では、とても優れた敏感肌用のケア製品が出ているので試してみても損はありません。
敏感肌用のスキンケアならば、「バリア層の強化」だけではなく「保湿機能」も持っているので、「乾燥肌」や「アレルギー肌」「アトピー肌」の場合でも試してみる価値があります。

 

「敏感肌用の製品を使ってみたら」クリック!

 

※2 30〜40代の女性を対象に2009年にディセンシアが行った調査結果。

バリア層ケアと保湿ケアが「かゆみ」に効く理由

「かゆい」というのは、もともとは皮膚が異物を排除ようとして生じる防御反応ですから、皮膚表面のバリア層が損なわれると「かゆみ」は起きやすくなります。つまり、バリア層が乱れると、今までは平気ではね返していた異物(ハウスダスト・花粉・黄砂・ペットや虫の毛・浮遊物)が肌を刺激し、「顔がかゆい」という反応が起きるわけです。

 

この対策として有効なのは、バリア層の強化と保湿ですが、そのための画期的手法を実現したスキンケア用品があります。そのスキンケア用品が採用したバリア層強化の特徴は、ベントナイトという鉱物由来の微細板状粉末が皮膚表面で「疑似角質」として働いてくれること。いわばもう一枚の見えないヴェールのように、物理的な鎧(ヨロイ)としてデリケートな肌を包んで守ってくれるのです。

 

この「疑似バリア層」は、外敵をシャットアウトするだけではありません。保湿成分の「利き」をよくしてくれ、皮膚内部の潤いが逃げてしまわないようにする「フタ」の役割も果たすのです。そのパワーは白色ワセリンよりも水分蒸発を抑えてくれるほど。

★特許広報を元に作成したグラフ★

 

同様に特許広報には炎症を抑えることについてのデータも記載されています。⇒★特許広報を元に作成したグラフをを見る★

 

「敏感肌用の製品を使ってみたら」クリック!

 

他の敏感肌向けのスキンケア用品のランキングページも用意しています。
参考にしてください⇒ランキングページ

皮膚科へ行ったほうがよい「顔がかゆい」症状

●蕁麻疹(じんましん)

皮膚表面が蚊に刺された時のように台地状にふくれあがり(いわゆる「みみず腫れ」も含む)、とてもかゆい。かゆみが強いので、かきむしることが多く、それによってさらに状態がひどくなるケースがあります。

 

原因はアレルギーの場合が多く、そのアレルゲンは食品・食品の添加物・薬物・細菌やウイルスなどがあります。

 

治療には、対処療法として抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬が処方されます。また、アレルギー検査などによって原因が特定できればその原因物質を避けたり除去します。

 

●かぶれ(接触性皮膚炎)

ウルシ、イラクサ、センニンソウ、ウマノアシガタ、ミヤマオダマキ、オキナグサ、キツネノボタンなど、かぶれる植物は意外とたくさんあります。また、そんな植物だけでなく、特定の物質との接触によって生じる急性皮膚疾患があり、ひどくなると接触部分以外の部位にも湿疹が広がります。

 

治療には、対処療法として抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬、場合によってはステロイドが処方されます。

 

●マラセチア毛包炎(顔カビ)

皮膚表面には「皮膚カビ」「顔カビ」と呼ばれる常在菌(マラセチア菌)がいます。皮脂をエサにしているので、汗をかきやすい時期などに増殖しやすくなります。この菌が毛穴の中で増殖して炎症を起こすとニキビのように赤いブツブツが生じます。

 

治療はイミダゾール系の外用薬、イトラコナゾール系の内服薬が用いられます。

 

●脂漏性皮膚炎(顔カビ)

「顔カビ」と呼ばれるマラセチア菌が原因で生じる湿疹。鼻の周囲や額など、皮脂分泌の多い部位に発生します。かゆいだけでなく、小さな凸凹が生じたり、皮膚が赤くなることがあります。

 

治療は抗真菌薬と抗炎症薬の併用が基本です。

 

●皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)

発疹などはまったくなく、皮膚表面は普通にみえるけれどもかゆみが生じる症状で、顔だけでなく全身に発生します。内臓の病気(肝臓・腎臓など)や悪性腫瘍が原因の皮膚掻痒症である可能性が考えられます。通常のスキンケアを続けて状態がよくならない、あるいは市販薬などで効果が見られない時には、念のため皮膚科で診察を受けてみましょう。

 

以下に全国の皮膚科クリニックの一覧ページをリンクしておきます。
都道府県単位で抽出でき、クリニック名などフリーワード検索もできます。
全国皮膚科一覧

すごく痒い緊急時、「かきむしらず」に対処する方法は?

すごくかゆいからといって、かきむしってはいけません
皮膚を強くこすっては、表皮が削れ、さらにマズイ事態になりかねません。

 

「それでも、今、顔がかゆくて困ってるの!」

 

という場合に、対処療法としてオススメなのが「冷やす」ことです。
多くの場合、かゆみは冷やすと軽減されていきます。
肌への刺激がやわらげられるように、氷のうや保冷材をタオルで包んでから顔に当てるとか、冷水にタオルを浸して絞ったものを当てるとかして、顔がひんやりしてくれば、それだけでも、かゆみが抑えられるのが実感されてくることでしょう。

 

「叩く」という人もいるかもしれませんが、叩くことも肌に刺激を与えるので考えものです。
ただ、「冷やす」ことも、「冷たい」という感覚で「かゆい」という感覚をごまかすことですし、長時間冷やし続けるのも別な問題の原因になるので、あくまでも短時間の応急的処置として捉えておきましょう。

 

ここで、もう一度、「顔のかゆさ」の原因を考えてみましょう。

 

(1)異物が皮膚表面についている物理的理由。
(2)アトピーや疥癬などの皮膚疾患。
(3)なんらかの刺激に反応したアレルギー反応。

 

他にも「虫に刺された」とか「急激な温度差で皮膚がびっくりした」などもありますが、主な原因は上記のとおりです。
(1)の場合は、その異物を物理的に取り除くことで原因の除去ができます(ただ、この際、くれぐれもかきむしらないように)。
そして(2)の場合は、やはり皮膚科のクリニックなどで治療を処方してもらうのがよいでしょう。
以外と自覚せずに多いのが(3)のケースです。

 

(3)なんらかの刺激に反応したアレルギー反応。

 

このアレルギーを起こす原因は食べ物など内的な要因と、花粉やハウスダスト、時には自分の汗といった外的要因があります。
いずれも、アレルギーの原因となっているモノがなんであるかを明らかにし、それを避けるという方法が考えられますが、それも正確な診断は病院での検査が必要になります。
血液検査などにより、ハウスダスト、ダニ、花粉、真菌、犬や猫の毛、食品類、などが調べることができます。
ただ、通常のアレルギー検査では十分に解決にいたらないケースもあり、たとえば「汗アレルギー」の場合、普通の検査にはそういった項目はないのです。

 

だからというわけではないと思いますが、よほどひどいブツブツが大量にできたとか、すごく赤く腫れた、とかでないケースは、病院へ行くよりも、自分で市販薬は化粧品でケアする人のほうが多数派です。
ニベアなどは古くから知られる医薬部外品ですが、今では化粧品も敏感肌用のものの開発がすすみ、優れた製品が発売されています。
まずは、トライアルセットなどでお試ししてみるのも選択肢です。

「敏感肌」ケアでも「顔がかゆい」に対処できる?

「顔がかゆい」というのは、自分の汗などもふくめた微細な刺激に対して皮膚が過剰に反応しているということでもあります。

これはつまり敏感肌の状態だとえいます。

 

「敏感肌? 今までそんなことなかったのに、どうして突然?」

 

と思われる人もいるかもしれませんが、加齢による体質変化や食習慣、環境やストレスなどいろいろな要因で「ある日突然」そうなることもありえます。
冬の乾燥など季節要因による乾燥肌で皮膚表面のバリア機能が損なわれ、その季節だけ敏感肌になるということもあります。
また、敏感肌でありながら、敏感肌の自覚がないという人も数多くおり、そういう場合は、敏感肌チェックをしてみたらよいでしょう。

 

チェックページはこちら敏感肌チェックページ

 

また、「敏感肌かもしれないけど、よいケア方法を知らない」という方には、敏感肌専門に開発されたスキンケアがおすすめです。
皮膚のバリア機能をアシストすることで敏感肌の原因を抑え、さらに、アンチエイジング成分も配合。肌をふっくら保湿して「かゆみ」の原因である「乾燥」を抑えるだけでなく、敏感肌でも「ほうれい線」や「枯れ肌」などのエイジングケアができるということで女性誌でも話題になっています。
人によってはかなり早い機会に違いを実感することができると評判です。

 

その敏感肌用化粧品については、当サイトでも詳しい解説をしています。詳細ページはこちらから▼▼
バリア機能をアシストする敏感肌ケア術

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔がかゆい関連ページ

肌がピリピリ・ひりひりする
肌がピリピリ・ひりひりする…これって敏感肌?
ひょっとして敏感肌?バッチテストでチェック
お肌にどの化粧品に対して反応するのか?自宅で簡単なバッチテストをすることができます。
敏感肌チェックシート
30歳を境に変化する肌環境。昨日まで違っても明日には敏感肌かもしれません。そこで敏感肌チェックシート。
顔がピリピリ
いままでなんでもなかったのにある日突然、顔がピリピリ。あるいは化粧品を変えたのをきっかけに顔がピリピリ。それは敏感肌かも…。
季節の変わり目に肌がかゆい
季節の変わり目に肌がかゆいという人は少なくありません。花粉や黄砂、ストレスや乾燥など、季節の変動期にはいろいろな刺激が皮膚を襲います。
花粉で顔がかゆい
花粉性は今や国民病とも言われます。花粉で顔や肌がかゆい時には敏感肌も疑いましょう。
乾燥で肌がかゆい
今までと同じスキンケアをしているのに、肌が何となくカサカサして、かゆいという場合は、肌が乾燥して敏感になっているというサインです。
かさかさ肌
かさかさ肌は半ば肌のバリア機能が弱まった状態。概して、かさかさ肌は、実年齢よりも老けてみられやすいものです。
化粧品で湿疹
永年使ってきた化粧品だから安心、というわけではありません。30歳を越え、肌質の変化により化粧品で湿疹ということも…。
顔がテカる
顔がテカるのは多くの場合過剰な皮脂分泌ですが、その原因には乾燥肌や敏感肌が隠れている場合もあります。
ザラザラ肌
ザラザラ肌はお肌のターンオーバーの乱れや乾燥が原因として考えられます。そしてその根底には敏感肌が隠れているかもしれません。
顔がひりひり
顔がひりひり、の原因は敏感肌の場合が考えられます。
粉ふき肌
粉吹き肌は乾燥以外にもいろいろ原因が考えられます。
顔がチクチク
顔がチクチク…汗、ハウスダスト、花粉などきっかけはいろいろ。でもおおもとは敏感肌にあるかもしれません。
でかいフケが出る・粉ふきフケが出る
でかいフケが出る。白い粉ふきフケが降ってくる。それはただのフケ症ではありません。
目(目頭・目尻)がかゆい
目がかゆいときってあります。この場合の目は「眼球」のことではなく、「目頭」とか「目尻」、「目元」の皮膚こと。この部分の皮膚はとてもデリケートなのでかゆみやピリピリ感が生じやすいのです。
化粧水がヒリヒリとしみる
化粧水を肌につけた時にヒリヒリとしみることはありませんか。特に目尻、目の周りは皮膚が薄くなっているところなのでしみやすい所ですが、肌のバリア層が荒れているせいかもしれません。
顔の肌にブツブツ
顔の肌にブツブツ。アレルギーや原因菌などのチェックや対策も必要ですが保湿やバリア層サポートといった敏感肌用ケアが効果的なこともあります。