花粉で顔がかゆい

MENU

花粉で顔や肌がかゆい時には敏感肌かも

花粉症は、今や国民的な病気です。
症状は特に、顔の中でも、目がかゆいとか、鼻水が止まらないとか、シーズン中は、ティッシュペーパーが手放せないという人も多いことでしょう。
かゆいなどの症状が、顔に集中して表れるので、外出もままならないという人は、特に女性に多く見られるようです。
スキンケアとしては皮膚のバリア層をサポートする敏感肌向けの手入れが効果的なようです。

また未解明な花粉症のメカニズム

花粉症のメカニズムは、完全に解明された訳ではありませんが、昔の日本人とくらべてはるかに衛生的(すぎる?)環境のため、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が増加したという指摘があります。
また、排気ガスや春先に中国から偏西風にのってやってくる黄砂は、アレルゲンではないにしても、花粉症の発生率を高めるという意見もあります。

どんな治療法があるの?

治療方法が進んだ現在でも、主流の治し方は、減感作法です。
1例を挙げると、スギ花粉エキスの注射を、薄いものを週に1、2回、次第に注射の濃度を上げ、3ヵ月後くらいから月1で、注射治療を2、3年続け、かゆいなどの症状を抑えることを旨としています。

 

人によっては、減感作法が効果的でない場合もあり、漢方や指圧などの代替療法が取られることがあります。
漢方は、万人に一律に効果が上がるものではなく、患者の体質や症状に応じた治療方法がとられます。

敏感肌用のスキンケア製品によって疑似バリア層を作って肌を守る

何しろシーズン中は、わずか3時間ほど外にいるだけで、毛髪に約6千個、衣服に7万個以上も、花粉がつくと言われています。
顔は特に露出度が高く、かゆいことが多そうです。
外出時には専用メガネを装着し、帰宅時には玄関先で毛髪や衣服をパンパンはたいて落とすなどの対策が効果的です。
また、マスクは値段の高低よりか、使用者の顔の大きさと形状にぴったりフィットするものがベストです。
また、花粉などの異物の侵入を防ぐという意味では、皮膚表面のバリア層強化もポイントになります。
そのためには、前述しましたが、敏感肌用のスキンケア製品によって疑似バリア層を作って肌を守るというのが効果的です。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

花粉で顔がかゆい関連ページ

肌がピリピリ・ひりひりする
肌がピリピリ・ひりひりする…これって敏感肌?
ひょっとして敏感肌?バッチテストでチェック
お肌にどの化粧品に対して反応するのか?自宅で簡単なバッチテストをすることができます。
敏感肌チェックシート
30歳を境に変化する肌環境。昨日まで違っても明日には敏感肌かもしれません。そこで敏感肌チェックシート。
顔がピリピリ
いままでなんでもなかったのにある日突然、顔がピリピリ。あるいは化粧品を変えたのをきっかけに顔がピリピリ。それは敏感肌かも…。
季節の変わり目に肌がかゆい
季節の変わり目に肌がかゆいという人は少なくありません。花粉や黄砂、ストレスや乾燥など、季節の変動期にはいろいろな刺激が皮膚を襲います。
顔がかゆい
顔がかゆい原因は「乾燥」「花粉性」「黄砂」「アレルギー」「顔ダニ」「アトピー」「じんましん」などいろいろ考えられます。皮膚科に行く前に、顔の皮膚が赤くなっていないか、腫れや顔湿疹はないか、カサカサ・ガサガサなど肌荒れや乾燥はないかなどを鏡でチェックして顔のかゆみの原因に見当をつけましょう。乾燥肌など、スキンケアコスメで対処できる顔のかゆみも少なくありません。
乾燥で肌がかゆい
今までと同じスキンケアをしているのに、肌が何となくカサカサして、かゆいという場合は、肌が乾燥して敏感になっているというサインです。
かさかさ肌
かさかさ肌は半ば肌のバリア機能が弱まった状態。概して、かさかさ肌は、実年齢よりも老けてみられやすいものです。
化粧品で湿疹
永年使ってきた化粧品だから安心、というわけではありません。30歳を越え、肌質の変化により化粧品で湿疹ということも…。
顔がテカる
顔がテカるのは多くの場合過剰な皮脂分泌ですが、その原因には乾燥肌や敏感肌が隠れている場合もあります。
ザラザラ肌
ザラザラ肌はお肌のターンオーバーの乱れや乾燥が原因として考えられます。そしてその根底には敏感肌が隠れているかもしれません。
顔がひりひり
顔がひりひり、の原因は敏感肌の場合が考えられます。
粉ふき肌
粉吹き肌は乾燥以外にもいろいろ原因が考えられます。
顔がチクチク
顔がチクチク…汗、ハウスダスト、花粉などきっかけはいろいろ。でもおおもとは敏感肌にあるかもしれません。
でかいフケが出る・粉ふきフケが出る
でかいフケが出る。白い粉ふきフケが降ってくる。それはただのフケ症ではありません。
目(目頭・目尻)がかゆい
目がかゆいときってあります。この場合の目は「眼球」のことではなく、「目頭」とか「目尻」、「目元」の皮膚こと。この部分の皮膚はとてもデリケートなのでかゆみやピリピリ感が生じやすいのです。
化粧水がヒリヒリとしみる
化粧水を肌につけた時にヒリヒリとしみることはありませんか。特に目尻、目の周りは皮膚が薄くなっているところなのでしみやすい所ですが、肌のバリア層が荒れているせいかもしれません。
顔の肌にブツブツ
顔の肌にブツブツ。アレルギーや原因菌などのチェックや対策も必要ですが保湿やバリア層サポートといった敏感肌用ケアが効果的なこともあります。