でかいフケが出る・粉ふきフケが出る

MENU

でかいフケが髪の毛に浮く、白い粉ふきフケが降る…

衛生にもキチンと気を遣っている人にでもフケの悩みはあります
通常のフケは正常な頭皮のターンオーバーによって起きるものなので、出てあたりまえの部分がありますが、問題は「普通じゃないでしょ」というサイズのフケ「白い粉のような大量のフケ」が不定期に発生する場合。
時として、ただのフケ症と勘違いし、自分の頭皮の異常の自覚があまりない人もいます。

 

頭皮湿疹という言葉を目にしたことがありませんか?
頭皮湿疹とは、頭皮が荒れて湿疹ができてしまうことですが、人によって症状が違ったりします。

 

さわってわかるような湿疹の人もいます。
猛烈にかゆくなって薬なしでは眠れないという人もいます。

 

ある意味、そのくらいならば誰でも分かりますが、自分でも気がついていない人もいます。
それが「頭皮のかゆさはほどほど」「時々フケ症かも」と思っている人たち。
そのフケは、正常なターンオーバーによってできたフケではないかもしれません。

頭皮湿疹?アレルギー?アトピー?

頭皮湿疹とは、頭部にできる湿疹で、湿疹の多くはアレルギーやアトピー性皮膚炎によって生じます。
それがたまたま頭皮で生じているのですが、髪の毛があるのでよく見えないのです。
「かゆみ」がそれほどひどくない場合は、ある日突然、大きなフケが頭に浮いているということになります。

 

アレルギーやアトピー性皮膚炎を引き起こし、フケやかゆみを悪化させる原因としては次のようなものが考えられます。

 

「ハウスダスト」「カビ」「ダニ」「花粉」などの異物。
「シャンプー」「石鹸」「リンス」「化粧品」などに頭皮に合わない成分が入っている。
「汗」や「ストレス」など。

 

対策としては、これらのものを避ける、ということになりますが、シャンプーも刺激の少ないものを選ばなければいけません。
普通の市販シャンプーの多くは、変質を避けるための防腐剤や界面活性剤などが含まれており、これらは頭皮に負担をかけます。
さらに、「泡立ちがよく」「汚れを根こそぎ落とす」ということで、本来、頭皮に必要な皮脂までとりすぎてしまい、それが頭皮の健康を損ねている場合もあります。

 

ところが、こういうことで悩む人口がそんなに多くないからなのか、頭皮にやさしいシャンプーが意外と見つかりません。
当サイトでリサーチした結果、おすすめできるのが、「ハイビスカスヘアシャンプー」という製品です。
ひとことで言うと「敏感肌にもおすすめの自然派ノンシリコンシャンプー」というもので、極上無添加のアミノ酸シャンプー。
それに天然保湿成分「ハイビスカス葉エキス(植物性ヒアルロン酸)」が配合されているので、洗い上がりもしっとり。

 

「絡まったり頭皮が痒くなってしまったりすることが多くとにかく抜け毛、切れ毛も多かった悩みが解消した」

 

といった口コミもブログなどで見ることができ、使用感も確かです。
詳細はこちらからクリック!

 

ヘアケア

頭皮と顔のお肌はつながっている

ところで、異常なフケや頭皮のちりちり、敏感肌などが気になる人は、忘れてはいけないことがあります。
それは、頭皮と顔の皮膚はつながっているということ。

 

もし、頭皮に気になる状況があるのなら、それと同じ原因がお顔の皮膚にも潜んでいるかもしれません。
たとえば、頭皮が敏感肌ならば、顔も敏感肌だということです。

 

敏感肌とは、「肌表面のバリア層が乱れた状態」ですから、まずはそこへ余計な刺激を与えないように注意が必要です。
そして、違ったアプローチとしては「肌のバリア機能を高める」という対策もあります。

 

皮膚がさまざまな刺激に反応してしまう、ということは、肌のバリア機能が低下している=「敏感肌」ということです。
そして、頭皮がそういう状態である、ということは、顔のお肌も同様の傾向があるかもしれません。
ただ、多くの人には「自分は敏感肌である」という自覚がないのが現状です。

 

※敏感肌の傾向がわかる⇒チェックシート

 

「肌のバリア機能を高める」敏感肌用のケアで肌の状態がよくなり、はじめて「自分は敏感肌だったんだ」と気づく人も少なくありません。この敏感肌用ケアは「10日間お試しセット」で手軽に体験することができます。
頭皮と顔の肌はもともと一枚皮。まず、顔の敏感肌ケアを体験してみませんか。

 

「敏感肌かもしれないけど、よいケア方法を知らない」という方には、敏感肌専門に開発されたスキンケアがおすすめです。
皮膚のバリア機能をアシストすることで敏感肌の原因を抑え、さらに、アンチエイジング成分も配合。肌をふっくら保湿して「かゆみ」の原因である「乾燥」を抑えるだけでなく、敏感肌でも「ほうれい線」や「枯れ肌」などのエイジングケアができるということで女性誌でも話題に。
人によってはかなり早い機会に違いを実感することができると評判です。

 

今すぐにその「皮膚のバリア機能をアシストする化粧品」のサイトを見たい方はこちらからクリック!

 

なお、その敏感肌用化粧品については、当サイトでも詳しい解説をしています。詳細ページはこちらから▼▼
バリア機能をアシストする敏感肌ケア術

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

でかいフケが出る・粉ふきフケが出る関連ページ

肌がピリピリ・ひりひりする
肌がピリピリ・ひりひりする…これって敏感肌?
ひょっとして敏感肌?バッチテストでチェック
お肌にどの化粧品に対して反応するのか?自宅で簡単なバッチテストをすることができます。
敏感肌チェックシート
30歳を境に変化する肌環境。昨日まで違っても明日には敏感肌かもしれません。そこで敏感肌チェックシート。
顔がピリピリ
いままでなんでもなかったのにある日突然、顔がピリピリ。あるいは化粧品を変えたのをきっかけに顔がピリピリ。それは敏感肌かも…。
季節の変わり目に肌がかゆい
季節の変わり目に肌がかゆいという人は少なくありません。花粉や黄砂、ストレスや乾燥など、季節の変動期にはいろいろな刺激が皮膚を襲います。
花粉で顔がかゆい
花粉性は今や国民病とも言われます。花粉で顔や肌がかゆい時には敏感肌も疑いましょう。
顔がかゆい
顔がかゆい原因は「乾燥」「花粉性」「黄砂」「アレルギー」「顔ダニ」「アトピー」「じんましん」などいろいろ考えられます。皮膚科に行く前に、顔の皮膚が赤くなっていないか、腫れや顔湿疹はないか、カサカサ・ガサガサなど肌荒れや乾燥はないかなどを鏡でチェックして顔のかゆみの原因に見当をつけましょう。乾燥肌など、スキンケアコスメで対処できる顔のかゆみも少なくありません。
乾燥で肌がかゆい
今までと同じスキンケアをしているのに、肌が何となくカサカサして、かゆいという場合は、肌が乾燥して敏感になっているというサインです。
かさかさ肌
かさかさ肌は半ば肌のバリア機能が弱まった状態。概して、かさかさ肌は、実年齢よりも老けてみられやすいものです。
化粧品で湿疹
永年使ってきた化粧品だから安心、というわけではありません。30歳を越え、肌質の変化により化粧品で湿疹ということも…。
顔がテカる
顔がテカるのは多くの場合過剰な皮脂分泌ですが、その原因には乾燥肌や敏感肌が隠れている場合もあります。
ザラザラ肌
ザラザラ肌はお肌のターンオーバーの乱れや乾燥が原因として考えられます。そしてその根底には敏感肌が隠れているかもしれません。
顔がひりひり
顔がひりひり、の原因は敏感肌の場合が考えられます。
粉ふき肌
粉吹き肌は乾燥以外にもいろいろ原因が考えられます。
顔がチクチク
顔がチクチク…汗、ハウスダスト、花粉などきっかけはいろいろ。でもおおもとは敏感肌にあるかもしれません。
目(目頭・目尻)がかゆい
目がかゆいときってあります。この場合の目は「眼球」のことではなく、「目頭」とか「目尻」、「目元」の皮膚こと。この部分の皮膚はとてもデリケートなのでかゆみやピリピリ感が生じやすいのです。
化粧水がヒリヒリとしみる
化粧水を肌につけた時にヒリヒリとしみることはありませんか。特に目尻、目の周りは皮膚が薄くなっているところなのでしみやすい所ですが、肌のバリア層が荒れているせいかもしれません。
顔の肌にブツブツ
顔の肌にブツブツ。アレルギーや原因菌などのチェックや対策も必要ですが保湿やバリア層サポートといった敏感肌用ケアが効果的なこともあります。