化粧品で湿疹

MENU

化粧品で湿疹

気に入っていた化粧品で湿疹が起きることは、そう頻繁でないにしても起こりうることです。
最近でも某大手メーカーのリコール騒ぎが発生するなど、女性には特に切実な問題に映るでしょう。

 

化粧品で湿疹が起きないかは、特定の物質に対するアレルギーがある人は特に、成分に何が入っているか、細心の注意を払う必要がありますが、一般人にとっても、肌トラブルをゼロにすることは、将来的にもできない相談でしょう。
ある化粧品が自分にも使って大丈夫かチェックする方法としては、パッチテストが一般的です。

 

 

パッチテストの簡単な方法は、二の腕の内側など、比較的人目につかない部位に、試したい製品を微量つけてみて、かぶれたり湿疹ができたりしないか様子を見るというものです。
テストで特に問題なしとなったら、化粧品で湿疹の心配は、取りあえずないということになります。

 

さらに、より確実にというなら、皮膚科でテストしてもらうのがオススメです。
自分の体質、服用している薬などの基本データを申告した上で、化粧品で湿疹が起きないか、専門的に正確に診察してくれます。

 

また、初期の段階では大丈夫であったものの、かなり後になって湿疹やかぶれなどの症状に見舞われるケースも、ままあります。
以前NHKの『ためしてガッテン』という番組では、使い始めて2年半たってから、使い続けてきた化粧品で湿疹が出た事例が紹介され、評判になりました。

 

何ら思い当たる節もないのに、肌トラブルに見舞われた場合、何カ月、何年も使っていた化粧品でも、一応原因を疑ってみて、使用を中止するのが賢明です。
それで1、2週間で症状が治まるようなら、十中八九クロと判定されます。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

化粧品で湿疹関連ページ

肌がピリピリ・ひりひりする
肌がピリピリ・ひりひりする…これって敏感肌?
ひょっとして敏感肌?バッチテストでチェック
お肌にどの化粧品に対して反応するのか?自宅で簡単なバッチテストをすることができます。
敏感肌チェックシート
30歳を境に変化する肌環境。昨日まで違っても明日には敏感肌かもしれません。そこで敏感肌チェックシート。
顔がピリピリ
いままでなんでもなかったのにある日突然、顔がピリピリ。あるいは化粧品を変えたのをきっかけに顔がピリピリ。それは敏感肌かも…。
季節の変わり目に肌がかゆい
季節の変わり目に肌がかゆいという人は少なくありません。花粉や黄砂、ストレスや乾燥など、季節の変動期にはいろいろな刺激が皮膚を襲います。
花粉で顔がかゆい
花粉性は今や国民病とも言われます。花粉で顔や肌がかゆい時には敏感肌も疑いましょう。
顔がかゆい
顔がかゆい原因は「乾燥」「花粉性」「黄砂」「アレルギー」「顔ダニ」「アトピー」「じんましん」などいろいろ考えられます。皮膚科に行く前に、顔の皮膚が赤くなっていないか、腫れや顔湿疹はないか、カサカサ・ガサガサなど肌荒れや乾燥はないかなどを鏡でチェックして顔のかゆみの原因に見当をつけましょう。乾燥肌など、スキンケアコスメで対処できる顔のかゆみも少なくありません。
乾燥で肌がかゆい
今までと同じスキンケアをしているのに、肌が何となくカサカサして、かゆいという場合は、肌が乾燥して敏感になっているというサインです。
かさかさ肌
かさかさ肌は半ば肌のバリア機能が弱まった状態。概して、かさかさ肌は、実年齢よりも老けてみられやすいものです。
顔がテカる
顔がテカるのは多くの場合過剰な皮脂分泌ですが、その原因には乾燥肌や敏感肌が隠れている場合もあります。
ザラザラ肌
ザラザラ肌はお肌のターンオーバーの乱れや乾燥が原因として考えられます。そしてその根底には敏感肌が隠れているかもしれません。
顔がひりひり
顔がひりひり、の原因は敏感肌の場合が考えられます。
粉ふき肌
粉吹き肌は乾燥以外にもいろいろ原因が考えられます。
顔がチクチク
顔がチクチク…汗、ハウスダスト、花粉などきっかけはいろいろ。でもおおもとは敏感肌にあるかもしれません。
でかいフケが出る・粉ふきフケが出る
でかいフケが出る。白い粉ふきフケが降ってくる。それはただのフケ症ではありません。
目(目頭・目尻)がかゆい
目がかゆいときってあります。この場合の目は「眼球」のことではなく、「目頭」とか「目尻」、「目元」の皮膚こと。この部分の皮膚はとてもデリケートなのでかゆみやピリピリ感が生じやすいのです。
化粧水がヒリヒリとしみる
化粧水を肌につけた時にヒリヒリとしみることはありませんか。特に目尻、目の周りは皮膚が薄くなっているところなのでしみやすい所ですが、肌のバリア層が荒れているせいかもしれません。
顔の肌にブツブツ
顔の肌にブツブツ。アレルギーや原因菌などのチェックや対策も必要ですが保湿やバリア層サポートといった敏感肌用ケアが効果的なこともあります。