ひょっとして敏感肌?バッチテストでチェック

MENU

バッチテストで敏感肌をチェックする

肌荒れなどを起こして治したい場合は皮膚科に行きます。
皮膚科に行くとパッチテストといってどの成分が自分にアレルギー反応を起こしているのかを知るためのテストをします。
でもそのパッチテスト、うちでも簡単に行うことができます。
例えば突然肌荒れが起きた場合、いろんな種類のコスメ商品を使用しているのでどの商品が原因なのか特定出来ません。
そんなときにはバンドエイドを使ったお手軽パッチテストをしましょう。

 

用意するのはバンドエイドと確かめる化粧品です。
お風呂上りなど、肌が清潔な状態で行います。
貼る箇所は柔らかくて比較的デリケートな腕の内側などがいいでしょう。
バンドエイドに化粧品をしみこませるか塗るかして腕の内側に貼ります。
その状態で24時間、確実に知りたい場合は48時間放置します。
その際はお風呂で濡れないように注意しましょう。
時間が経ち、剥がしてみてその箇所が赤くなっていればその化粧品は合っていないということになります。

 

この方法で肌荒れの原因を探すのもいいですが、自分に合う化粧品を見極めるのにも役に立ちます。
敏感肌の方はひとつの化粧品を使っては調子が悪くなり次の商品、そしてまた調子が悪くなってその次・・・と化粧品ジプシーになっている方が多くいます。

 

でもこのお手軽パッチテストですと、その商品のサンプルが手に入れば商品を買うことなく自分に合っているのか合っていないのかが24、もしくは48時間でわかります。
化粧品はそのまま原液を、シャンプーやリンスの場合は1%以下に薄めて行なってください。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

ひょっとして敏感肌?バッチテストでチェック関連ページ

肌がピリピリ・ひりひりする
肌がピリピリ・ひりひりする…これって敏感肌?
敏感肌チェックシート
30歳を境に変化する肌環境。昨日まで違っても明日には敏感肌かもしれません。そこで敏感肌チェックシート。
顔がピリピリ
いままでなんでもなかったのにある日突然、顔がピリピリ。あるいは化粧品を変えたのをきっかけに顔がピリピリ。それは敏感肌かも…。
季節の変わり目に肌がかゆい
季節の変わり目に肌がかゆいという人は少なくありません。花粉や黄砂、ストレスや乾燥など、季節の変動期にはいろいろな刺激が皮膚を襲います。
花粉で顔がかゆい
花粉性は今や国民病とも言われます。花粉で顔や肌がかゆい時には敏感肌も疑いましょう。
顔がかゆい
顔がかゆい原因は「乾燥」「花粉性」「黄砂」「アレルギー」「顔ダニ」「アトピー」「じんましん」などいろいろ考えられます。皮膚科に行く前に、顔の皮膚が赤くなっていないか、腫れや顔湿疹はないか、カサカサ・ガサガサなど肌荒れや乾燥はないかなどを鏡でチェックして顔のかゆみの原因に見当をつけましょう。乾燥肌など、スキンケアコスメで対処できる顔のかゆみも少なくありません。
乾燥で肌がかゆい
今までと同じスキンケアをしているのに、肌が何となくカサカサして、かゆいという場合は、肌が乾燥して敏感になっているというサインです。
かさかさ肌
かさかさ肌は半ば肌のバリア機能が弱まった状態。概して、かさかさ肌は、実年齢よりも老けてみられやすいものです。
化粧品で湿疹
永年使ってきた化粧品だから安心、というわけではありません。30歳を越え、肌質の変化により化粧品で湿疹ということも…。
顔がテカる
顔がテカるのは多くの場合過剰な皮脂分泌ですが、その原因には乾燥肌や敏感肌が隠れている場合もあります。
ザラザラ肌
ザラザラ肌はお肌のターンオーバーの乱れや乾燥が原因として考えられます。そしてその根底には敏感肌が隠れているかもしれません。
顔がひりひり
顔がひりひり、の原因は敏感肌の場合が考えられます。
粉ふき肌
粉吹き肌は乾燥以外にもいろいろ原因が考えられます。
顔がチクチク
顔がチクチク…汗、ハウスダスト、花粉などきっかけはいろいろ。でもおおもとは敏感肌にあるかもしれません。
でかいフケが出る・粉ふきフケが出る
でかいフケが出る。白い粉ふきフケが降ってくる。それはただのフケ症ではありません。
目(目頭・目尻)がかゆい
目がかゆいときってあります。この場合の目は「眼球」のことではなく、「目頭」とか「目尻」、「目元」の皮膚こと。この部分の皮膚はとてもデリケートなのでかゆみやピリピリ感が生じやすいのです。
化粧水がヒリヒリとしみる
化粧水を肌につけた時にヒリヒリとしみることはありませんか。特に目尻、目の周りは皮膚が薄くなっているところなのでしみやすい所ですが、肌のバリア層が荒れているせいかもしれません。
顔の肌にブツブツ
顔の肌にブツブツ。アレルギーや原因菌などのチェックや対策も必要ですが保湿やバリア層サポートといった敏感肌用ケアが効果的なこともあります。