敏感肌の産毛処理

MENU

やっぱり注意が必要?敏感肌の産毛処理

肌へのダメージが心配で、産毛の処理などとんでもないと思っている人は多いかもしれません。
それでも、ケアさえしっかりとしていれば、敏感肌だろうと乾燥肌だろうと基本は同じです。

 

そもそも、産毛は、防寒、紫外線やほこりから肌を保護する側面を持っています。
ですが、顔などで非常に目立つと憂鬱になるくらいなら、帽子に衣服に多様なスキンケア用品が溢れている昨今、適切に処理してもノープロブレムです。

 

敏感肌に化粧ノリが悪かったり、肌色がくすんだりする傾向は確かにあるようで、それも、産毛の処理が不十分である可能性があります。
敏感肌でも、上手に立ち回れば、ツヤ肌に変身できるかもしれません。

 

産毛処理は、カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりするのが一般的ですが、敏感肌の場合は、特に注意が必要です。
よほど丁寧にやらないと、毛と一緒に肌表面も削り取ってしまうことになり、肌を切らないまでにしても、目に見えない傷ができて、炎症などの原因になることがあります。

 

肌に優しく剃るなら、クリームなり良く泡立てた石けんなりを塗って、肌を滑らかにしておくのがコツです。
よく切れるカミソリで、肌を引っ張りながら肌上を滑らせるようにしてそれば、肌荒れのリスクを大幅に減らすことが可能です。

 

また、安全にとは言っても、肌に頻繁にカミソリを当てるのはオススメできません。
敏感肌の場合、せいぜい週に1回以下に止めておくのが妥当です。

 

さらに、費用はかかっても、安全性と高い脱毛効果を追求するなら、皮膚科や美容外科で、その道のプロにゆだねるのも選択肢です。
医療レーザーを使う方法も開発され、肌に負担をかけずに、産毛処理が簡単にできます。
処理の際の痛みは、やはり人それぞれのようですが…。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌の産毛処理関連ページ

ムダ毛処理や脱毛
敏感肌のムダ毛処理や脱毛は、やはり方法を選ぶ必要がある?