敏感肌とアトピー

MENU

敏感肌とアトピーの関係

敏感肌とアトピー性皮膚炎は似ているようで違うものです。
敏感肌の中でも生まれつきの体質によって起こるものがアトピー性皮膚炎です。
生まれつき肌のバリア機能がうまく働いていない場合ともう一つはアトピー素因といって遺伝的にアレルギー反応を起こしやすい場合です。
アトピー性皮膚炎の遺伝子を持っていて痒みやしっしんなど症状がでるのは乳幼児期の頃が多く、長期間症状が出続けます。
成長するにつれて症状が出なくなることもありますし、成人になっても症状が続いていることもあります。
アトピーは生まれ持ったものなので、一時的にストレスや食生活、住環境、あとは加齢で肌が刺激に反応しやすくなる状態はアトピーとは言わずに一時的な敏感肌と言えます。
アトピーの外的特徴をあげると、乾燥した肌、痒み、湿疹、外的刺激に過敏、などです。
一時的に肌が不健康な状態になっても同じ症状が現れます。
その時に勘違いしてアトピーだと判断してしまってはいけません。
まずは低刺激のスキンケアで水分補給、そしてお肌の潤いに大事なセラミドを補給してみてください。
それだけでも敏感肌は解消されるでしょう。
しかしそれでも症状の改善がない場合は皮膚科を受診してください。
それから皮膚科で処方されるステロイド剤、これは便利で優れた薬ですが多くの副作用があります。
ステロイドの長期使用により肌が赤黒く定着したり、突然ステロイドの使用をやめると症状が急激に悪化したりとステロイド剤は諸刃の剣と言えます。
自己流で使用やその停止を行うのではなく、医師の指示やアドバイスをよく聞きましょう。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌とアトピー関連ページ

お肌のしくみ
お肌や皮膚の作りはどうなっているの?そのしくみは?
どんな症状?
敏感肌のときの肌の状態はどうなっているのでしょう?
タイプがある
敏感肌といってひとつではありません。いくつかのタイプがあります。
乾燥肌との関係
敏感肌と乾燥肌はとても密接な関係があります。
セラミドとの関係
敏感肌とセラミドの関係とは?
日本人女性の7割が敏感肌
日本では自分が敏感肌だと感じている女性は7割近くいます。男女合わせても3人に一人は敏感肌だと感じているそうです。
大人ニキビ
敏感肌の人は大人ニキビができやすいとよく言われます。その理由は?対策は?
汗アレルギー
「汗アレルギー」の困ったところは、他のアレルゲンと違い、自分の汗から逃げることができないということです。