敏感肌と乾燥肌

MENU

敏感肌と乾燥肌の関係

「敏感肌」というのは外部からの刺激に過剰に反応してしまう肌の状態です。
一般の化粧品を使用すると赤み・湿疹・痒みが出たり、花粉・黄砂・ホコリなどの外部刺激で肌に炎症を起こしやすい肌が「敏感肌」と言えます。
その敏感肌の原因は角質に含まれているセラミドの減少によります。

 

セラミドは表皮細胞の間に入ってサンドイッチ状態になっています。
セラミドが少ないと角質の細胞が綺麗に並びません。
細胞同士の間に隙間ができて、さらにまだ剥がれるべきでない細胞がポロポロと剥がれ落ちて自然のバリアがない肌がむき出しの状態になります。
その剥がれたところや細胞の隙間などに刺激物質(紫外線・雑菌・ハウスダスト・化粧品に含まれる化学物質など)が入り込むと敏感に肌が反応してしまいます。
つまり肌が乾燥しているということは肌が敏感な状態になっているということになります。
ですから肌を乾燥から守って水分を補給し、水分を逃がさないようにすることが敏感肌を普通肌に戻す方法だと言えます。

 

水分を逃がさないようにするには「セラミド」が大切です。
セラミドが含まれているクリームや化粧品で減っているセラミドを補いましょう。
セラミドは加齢によっても減ってしまいますが、生まれつきセラミドが少ない肌の方がいます。
それはアトピー性皮膚炎の方です。
お肌のバリア機能が生まれつき働いていない状態と言えます。
それからニキビ肌の方はセラミドが減少し、水分が少なくなる代わりに皮脂が過剰に分泌されている状態の肌です。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌と乾燥肌関連ページ

お肌のしくみ
お肌や皮膚の作りはどうなっているの?そのしくみは?
どんな症状?
敏感肌のときの肌の状態はどうなっているのでしょう?
タイプがある
敏感肌といってひとつではありません。いくつかのタイプがあります。
アトピー症との関係
敏感肌とアトピーの関係にはとても深いものがあります。
セラミドとの関係
敏感肌とセラミドの関係とは?
日本人女性の7割が敏感肌
日本では自分が敏感肌だと感じている女性は7割近くいます。男女合わせても3人に一人は敏感肌だと感じているそうです。
大人ニキビ
敏感肌の人は大人ニキビができやすいとよく言われます。その理由は?対策は?
汗アレルギー
「汗アレルギー」の困ったところは、他のアレルゲンと違い、自分の汗から逃げることができないということです。