敏感肌の状態とは?

MENU

敏感肌の状態とはバリア機能が損なわれている状態

「敏感肌」、よく耳にする言葉です。ではどういった肌の状態が「敏感肌」なのでしょうか。

 

まず敏感肌というのは洗剤や化粧品ですぐ荒れてたり、赤くなってしまう肌や衣類や金属・花粉・ホコリなど、様々な刺激物質で反応が出やすい肌のことです。
その敏感肌の原因というのは食生活や住環境の場合もありますし、精神的なストレスが原因になっている場合もあります。

 

敏感肌の状態というのは、お肌のバリア機能が損なわれている状態です。
肌の外側から「皮脂膜」、「角質層」がありますが、皮脂膜は字の通り体から出る油分である皮脂と汗が混ざり合って膜を作り、肌を覆っています。
そして、その下の角質層は角質細胞と角質細胞間脂質である「セラミド」で作られていて、セラミドは水分を多く含み、角質細胞の間にサンドイッチ状態で挟まっています。
健康な肌、バリア機能がうまく働いている肌の状態は油分と水分の膜に肌が守られている状態です。
それが間違った洗顔や過剰なスキンケアや加齢によって、皮脂膜の油分と水分のバランスがおかしくなり、角質層ではセラミドが減ってしまい、油分と水分のバランスは崩れ、肌の水分は蒸発しやすくなり、乾燥してしまいます。

 

乾燥しているのに皮脂は多く乾燥肌、肌が荒れた状態になります。
肌が乾燥すると角質が剥がれやすくなり、角質が剥がれた状態で一般の化粧品を使うと、刺激が強すぎて赤みや湿疹、かゆみなどの症状が出やすくなります。
花粉、ホコリなどでも敏感に反応するようになってしまいます。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌の状態とは?関連ページ

お肌のしくみ
お肌や皮膚の作りはどうなっているの?そのしくみは?
タイプがある
敏感肌といってひとつではありません。いくつかのタイプがあります。
乾燥肌との関係
敏感肌と乾燥肌はとても密接な関係があります。
アトピー症との関係
敏感肌とアトピーの関係にはとても深いものがあります。
セラミドとの関係
敏感肌とセラミドの関係とは?
日本人女性の7割が敏感肌
日本では自分が敏感肌だと感じている女性は7割近くいます。男女合わせても3人に一人は敏感肌だと感じているそうです。
大人ニキビ
敏感肌の人は大人ニキビができやすいとよく言われます。その理由は?対策は?
汗アレルギー
「汗アレルギー」の困ったところは、他のアレルゲンと違い、自分の汗から逃げることができないということです。