乾燥肌のBBクリーム

MENU

乾燥肌のBBクリーム

乾燥肌は皮膚表面が荒れている状態なので、「傷を修復」という意味ではもともとBBクリームはよい選択肢だと思います。

(BBクリームの「BB」は、「傷」を意味するBlemishと「香油」を意味するBalmの、それぞれの頭文字)

ただ、それでも今ではさまざまな種類のBBクリームが各社から出ており、乾燥肌や敏感肌に向いた製品を選ぶためには、いろいろリサーチが必要です。
そのブランドの姿勢や配合成分、愛用者の実感や口コミ情報、さらには、自分の肌にあっているかどうかのトライアル…
もちろん、それらをすべてご自分でやってもよいわけですが、当サイトでおススメするBBクリームは、「アヤナスBBクリーム」です。
敏感肌専門ブランド・ディセンシアが、「敏感肌ケア」+「エイジングケア」を可能にした欲張りなBBクリーム。
乾燥肌の場合、皮膚表面の「バリア機能」が損なわれている、すなわち「敏感肌」のケースが非常に多いので、この「敏感肌用BBクリーム」は、乾燥気味のお肌の方にもよい結果が期待されます。
今なら、たとえ開封・使用後であっても、30日間返品可なので、リスクフリーで「お試し」ができます。

 

詳細はこちらから⇒クリック!

 

 

 

BBクリームのメリット

そもそも、BBクリームとは、肌を保護する役目を担い、美容医療後に肌の炎症を抑える目的で開発されたクリームです。
肌に優しい特性は、乾燥肌でも大丈夫と安心感をもたらしてくれます。

 

知っている人も多いと思いますが、BBクリームの「BB」は、「傷」を意味するBlemishと「香油」を意味するBalmの、それぞれの頭文字から取ったものです。
つまりは、傷をカバーする(目立たなくする)クリームという意味で、乾燥肌であろうと、優しくカバーしてくれます。

 

BBクリームのもうひとつの特徴が、オールインワンの化粧品だということ。
美容液としてはもちろん、美白効果、日焼け止めも兼ね備え、ファンデーションの働きまでもこなす、スーパーアイテムです。
肌の保湿・再生にも配慮されていることから、乾燥肌にも、おすすめです。

 

ちなみに、整形手術がとても盛んな、お隣り韓国では、BBクリームの需要は、大変に高いようです。
手術によって荒れに荒れた肌を保護するためのクリームは、肌へのダメージ大の医療行為も、リスクを軽減させてくれます。

 

また、過敏になった肌のために良いということで、ピーリング後のケアのためにも使われることが多くなっています。
肌荒れの心配さえなくなれば、乾燥肌の人でも、積極的な美肌にチャレンジできるかもしれません。

 

従来、化粧をするとなると、下地にファンデにコンシーラー……と、男性の目からは煩雑な式次第が連綿と続いていきますが、BBクリームを使えば、わずかに1ステップで済んでしまいます。これも人気の理由のひとつでしょう。
オールインワンであるがゆえ、製品によってはシミやくすみをカバーする効果など、使い心地にいささか不満を持つ向きもあるようです。
自分のお肌との相性などもあります。
気になる製品があったらサンプルやお試し版、トライアルセットなどを利用して、まずは試してみることです。

 

最後に、「アヤナスBBクリーム」をもう一度ご紹介しておきます。
敏感肌専門ブランド・ディセンシアが、「敏感肌ケア」+「エイジングケア」を可能にした欲張りなBBクリーム。
乾燥肌の場合、皮膚表面の「バリア機能」が損なわれている、すなわち「敏感肌」のケースが非常に多いので、この「敏感肌用BBクリーム」は、乾燥気味のお肌の方にもよい結果が期待されます。
今なら、たとえ開封・使用後であっても、30日間返品可なので、リスクフリーで「お試し」ができます。

 

詳細はこちらから⇒クリック!

 

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

乾燥肌のBBクリーム関連ページ

乾燥肌と敏感肌
乾燥肌と敏感肌の違いって?
乾燥肌の原因
乾燥肌の原因はいろいろあります。低湿度など乾燥した気候、洗顔などのやりすぎによる皮脂の取りすぎ、寝不足や栄養不足などもよくありません。
エイジングと乾燥肌
一般的にエイジング(加齢)に伴って、肌が乾燥気味になるのは、誰もが経験する老化現象の一つです
乾燥肌のメイク落とし
乾燥肌のメイク落としは敏感肌のそれのようにデリケート。
乾燥肌のニキビ
乾燥肌にどうしてニキビが出るのか?その対策は?
乾燥肌を治す方法
基本的な乾燥肌を治す方法とは、保湿ケアを十分に施すこと。肌を清潔にしておくことは言うまでもありません。
乾燥肌に効く食べ物
医食同源という四字熟語がありますが、乾燥肌に効く食べ物というものもあります。。
乾燥肌の化粧水(ローション)
乾燥肌は、化粧水(ローション)に入っている成分にも十分注意する必要があります。
乾燥肌のファンデーション
乾燥肌であるがために、ファンデーションが肌に上手く乗らない。皮膚を傷めないか不安。
乾燥肌のアイシャドウ
乾燥肌は肌のバリア機能が弱っています。アイシャドウ選びもまずそこが重要。