乾燥肌の化粧水(ローション)

MENU

乾燥肌の化粧水(ローション)

乾燥肌への対策の第一歩は、化粧水(ローション)選びにあります。
正しく使うことを前提として、自分の肌質に合っていれば、みずみずしい肌へと、華々しく変貌を遂げていくことでしょう。

 

乾燥肌は、化粧水(ローション)に入っている成分にも十分注意する必要があります。
刺激になる成分が入っていないことは最低限、さらに保湿機能に配慮された製品をさがしましょう。
ヒアルロン酸入りなど、肌への水分補給源となってくれるものがいいですね。
分かりやすいところでは、不純物などが入っていないシンプルにしてナチュラルなものが、乾燥肌にはおすすめと言えます。

 

良き化粧水(ローション)を選び取ることは言うまでもありませんが、それをどう使うかも重要なポイントです。
最初に洗顔をきちんと行い、肌を清潔な状態にしておくのはもちろん、続く保水ケアも道具に頼らず、自分の手、それも素手を使うのがベストです。
何せ体の一部である自分の手ですから親和性の高いこと随一で、拒否反応もアレルギー反応など起こりようがありません。

 

理屈からいうと、乾燥肌は肌のバリア機能が低下しているため、外部からの刺激に対して過敏な状態になっています。
ですから、化粧水(ローション)を使う際は、手で包み込むようにして、優しく肌に馴染ませるようにするのがコツです。
1回の保水ケアで、どの位使えば良いか、一概には言えませんが、肌が潤ったと感じる一歩手前くらいが、使用料の一応の目安となります。

 

また、化粧水(ローション)コットンに含ませ、パンパンとパッティングするのは手軽なのでしょうが、コットンの細かい繊維が肌を傷付け、その繰り返しで肌にはダメージになります。
もし使うにしても、肌質の弱い乾燥肌には、低品質なコットンは避けるべきでしょう。

 

また、最近話題になっている「敏感肌専用化粧水」というのにも注目したいところです。
もともと乾燥肌だと、肌の表面のバリア機能が損なわれがちになります。
その機能がないといろいろな悪循環がはじまるので、そこをしっかりサポートするケアが大切。
対策としては、専用のローションやクリームを使ったスキンケアによって物理的に「お肌のバリア機能」をアシストする方法があります。
バリア機能のサポートについて詳しい解説はこちらのページです(当サイト内のページです)⇒クリック

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

乾燥肌の化粧水(ローション)関連ページ

乾燥肌と敏感肌
乾燥肌と敏感肌の違いって?
乾燥肌の原因
乾燥肌の原因はいろいろあります。低湿度など乾燥した気候、洗顔などのやりすぎによる皮脂の取りすぎ、寝不足や栄養不足などもよくありません。
エイジングと乾燥肌
一般的にエイジング(加齢)に伴って、肌が乾燥気味になるのは、誰もが経験する老化現象の一つです
乾燥肌のメイク落とし
乾燥肌のメイク落としは敏感肌のそれのようにデリケート。
乾燥肌のニキビ
乾燥肌にどうしてニキビが出るのか?その対策は?
乾燥肌を治す方法
基本的な乾燥肌を治す方法とは、保湿ケアを十分に施すこと。肌を清潔にしておくことは言うまでもありません。
乾燥肌に効く食べ物
医食同源という四字熟語がありますが、乾燥肌に効く食べ物というものもあります。。
乾燥肌のファンデーション
乾燥肌であるがために、ファンデーションが肌に上手く乗らない。皮膚を傷めないか不安。
乾燥肌のBBクリーム
BBクリームとは、肌を保護する役目を担い、美容医療後に肌の炎症を抑える目的で開発されたクリーム。乾燥肌にも試す価値があります。
乾燥肌のアイシャドウ
乾燥肌は肌のバリア機能が弱っています。アイシャドウ選びもまずそこが重要。