乾燥肌に効く食べ物

MENU

乾燥肌に効く食べ物

世間には、医食同源という四字熟語がありますが、乾燥肌に効く食べ物というものもあります。

日々楽しみながら、健康な肌作りというのも乙なものです。

 

よく、黒い食べ物が、肌の潤いの元と言われますが、乾燥肌に効く食べ物として、重要な食材になってくれそうです。
具体的には、黒豆、黒ゴマ、ヒジキなどが該当します。

 

栄養学的に、ビタミンAは、皮膚・粘膜を丈夫にし、免疫力も高める成分であります。
ビタミンAを多く含む食べ物は、乾燥肌に効く食べ物としても有望視されます。
ビタミンAは、動物性たんぱく質に含まれるレチノール、緑黄色野菜に含まれるカロテンに二分されます。

 

具体的に、レチノールを多く含む食べ物には、乳製品、卵、レバー、ウナギなどがあります。
カロテンは、ニンジン、カボチャ、ホウレン草など、日常的に食される緑黄色野菜が多く該当します。

 

また、天然のクリームと呼ばれる皮脂は、適量であれば肌の健康に欠かせないので、脂質を含む食べ物も摂取するようにします。
適切なのは、肉類や卵で、肌のカサツキ改善・予防にもなります。

 

概して、乾燥肌は、肌の新陳代謝が滞りがちな状態になっているので、新陳代謝を高める働きのある、生姜やトウガラシも、乾燥肌に効く食べ物に挙げられます。
カレーを食するのも有効な対策で、カレーライスにすれば、肉や野菜も同時に摂れるので、一石二鳥にも三鳥にもなります。

 

反対に、乾燥肌に効く食べ物とは対照的に、深酒や辛味の強烈な食べ物は、肌の乾燥を促し、かゆみの原因ともなります。
なるべくなら控えた方が良いのですが、どうしてもというなら、あくまでもほどほどが肌のためです。

 

また、乾燥肌だと、皮膚表面の「お肌のバリア機能」が損なわれた状態になりがちです。
対策としては、食事による体質の改善などの他に、スキンケアによって物理的に「お肌のバリア機能」をアシストする方法もあります。
バリア機能のサポートについて詳しい解説はこちらのページです(当サイト内のページです)⇒クリック

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

乾燥肌に効く食べ物関連ページ

乾燥肌と敏感肌
乾燥肌と敏感肌の違いって?
乾燥肌の原因
乾燥肌の原因はいろいろあります。低湿度など乾燥した気候、洗顔などのやりすぎによる皮脂の取りすぎ、寝不足や栄養不足などもよくありません。
エイジングと乾燥肌
一般的にエイジング(加齢)に伴って、肌が乾燥気味になるのは、誰もが経験する老化現象の一つです
乾燥肌のメイク落とし
乾燥肌のメイク落としは敏感肌のそれのようにデリケート。
乾燥肌のニキビ
乾燥肌にどうしてニキビが出るのか?その対策は?
乾燥肌を治す方法
基本的な乾燥肌を治す方法とは、保湿ケアを十分に施すこと。肌を清潔にしておくことは言うまでもありません。
乾燥肌の化粧水(ローション)
乾燥肌は、化粧水(ローション)に入っている成分にも十分注意する必要があります。
乾燥肌のファンデーション
乾燥肌であるがために、ファンデーションが肌に上手く乗らない。皮膚を傷めないか不安。
乾燥肌のBBクリーム
BBクリームとは、肌を保護する役目を担い、美容医療後に肌の炎症を抑える目的で開発されたクリーム。乾燥肌にも試す価値があります。
乾燥肌のアイシャドウ
乾燥肌は肌のバリア機能が弱っています。アイシャドウ選びもまずそこが重要。