乾燥肌の原因

MENU

乾燥肌の原因はひとつではない

乾燥肌の原因はいろいろあります。低湿度など乾燥した気候、洗顔などのやりすぎによる皮脂の取りすぎ、寝不足や栄養不足などもよくありません。

 

それまで普通だと思っていたのに、ある日突然、乾燥肌になったときのショックは、当事者にとって並々ならぬものがあるでしょう。
焦って対策を立てるにしても、まずは、原因を探ることが重要です。

 

乾燥肌は、遺伝的な原因も一部にはあるのでしょうが、やはり空気の乾燥が大きなものです。
冬の乾燥した空気のせいで、肌がカサカサしてくるのは、感覚的に感じられるでしょうが、蒸し蒸しする夏場も、意外と要注意な時期です。
暑いからと、クーラーを効かせた室内に入り浸りの状態が続けば、結果的に肌の乾燥化が進ませる原因になります。
対策としては、夏場でも薄手のものでも何かしら、はおるものを常備し、肌がやたらと乾燥するのを防ぐようにすることです。

 

また、スキンケアにおいても、例えば、洗顔料にも気を付ける必要があります。
皮脂が肌に過剰に残っている状態が続くのも問題ですが、だからと言って、脱脂力が強過ぎる洗顔料の使い過ぎは、肌を守ってくれるはずの皮脂が落ち過ぎ、水分がどんどん蒸発していってしまい、乾燥肌の度合いを強める原因となり得ます。

 

ちなみに、寝不足が続くと、肌が何となく荒れ模様になることは、経験者なら誰しも認識していることでしょう。
実際、生理的にも、睡眠不足は、肌荒れの原因であるのは明らかです。
乾燥肌から、おさらばしたいなら、夜更かしなど、もっての外です。

 

さらには、多くのダイエッターの肌がかさつきがちなことを見ても分かるように、無理なダイエットも、乾燥肌の原因となります。
栄養バランスが崩れたために、必要な皮脂の分泌が不足してしまうためです。
野菜でも肉類でも、バランスの取れた食生活は、美肌の元でもあるのです。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

乾燥肌の原因関連ページ

乾燥肌と敏感肌
乾燥肌と敏感肌の違いって?
エイジングと乾燥肌
一般的にエイジング(加齢)に伴って、肌が乾燥気味になるのは、誰もが経験する老化現象の一つです
乾燥肌のメイク落とし
乾燥肌のメイク落としは敏感肌のそれのようにデリケート。
乾燥肌のニキビ
乾燥肌にどうしてニキビが出るのか?その対策は?
乾燥肌を治す方法
基本的な乾燥肌を治す方法とは、保湿ケアを十分に施すこと。肌を清潔にしておくことは言うまでもありません。
乾燥肌に効く食べ物
医食同源という四字熟語がありますが、乾燥肌に効く食べ物というものもあります。。
乾燥肌の化粧水(ローション)
乾燥肌は、化粧水(ローション)に入っている成分にも十分注意する必要があります。
乾燥肌のファンデーション
乾燥肌であるがために、ファンデーションが肌に上手く乗らない。皮膚を傷めないか不安。
乾燥肌のBBクリーム
BBクリームとは、肌を保護する役目を担い、美容医療後に肌の炎症を抑える目的で開発されたクリーム。乾燥肌にも試す価値があります。
乾燥肌のアイシャドウ
乾燥肌は肌のバリア機能が弱っています。アイシャドウ選びもまずそこが重要。