乾燥肌・加齢肌・敏感肌

MENU

乾燥肌、エイジング(加齢)、敏感肌の密接な関係

乾燥肌と敏感肌にはとても密接な関係があります。

 

また、乾燥肌とエイジング(加齢)にも密接な関係があります。
オルビスのライスフォースの広告ではたびたび「エイジング乾燥」というワードが出てくるほど。
これによる皮膚のゆるみやしぼみが進むと、顔出ちそのものも違って見え、いわゆる「老けた顔」へと進行していまいます。

 

●歳をとる=エイジング(加齢)
  ↓
●肌の潤いがなくなる(乾燥する)
  ↓
●皮膚のバリア機能が弱まる
  ↓
●敏感肌になる
  ↓
●老け顔になる

 

という道筋は、多くの30代以降の女性がたどるルートです。
そこで、このカテゴリでは、乾燥肌・エイジング・敏感肌の関わりなどについてリサーチします。
どうか参考にしてください。

乾燥肌・加齢肌・敏感肌記事一覧

 

乾燥肌の方の様子をことばにするとどんな感じになるか、いろいろ集めてみました。「顔からすぐに粉を吹く」「肌がカサカサ、ボロボロむけてしまう」「乾燥しているせいで赤ら顔だといわれる」「ファンデーションがぜんぜんのらない」「顔の皮膚が痛い」「白いヒゲが生えたみたいに粉を吹く」「顔の皮が剥がれてくる」「皮膚がかゆい」「顔がぴりぴりする」他にもいろいろな症状、悩み、表現があると思います。取材をつづければどん...

 
 

乾燥肌の原因はいろいろあります。低湿度など乾燥した気候、洗顔などのやりすぎによる皮脂の取りすぎ、寝不足や栄養不足などもよくありません。それまで普通だと思っていたのに、ある日突然、乾燥肌になったときのショックは、当事者にとって並々ならぬものがあるでしょう。焦って対策を立てるにしても、まずは、原因を探ることが重要です。乾燥肌は、遺伝的な原因も一部にはあるのでしょうが、やはり空気の乾燥が大きなものです。...

 
 

みずみずしく咲き誇っていた、美しい花も、盛りを過ぎれば、枯れ果てて、乾燥したようになっていきます。それは、あたかも人間の姿を見ているようでもありますが、人間の場合、エイジングケアが発達したことにより、以前と比較して、実年齢よりも若々しい人が増えているような観はあります。体質的に、若い時から乾燥肌の人もいるのでしょう。ただ一般的にエイジング、すなわち加齢に伴って、肌が乾燥気味になるのは、老化現象の一...

 
 

メイク落としは、化粧が落ちさえすれば十分などと、軽く考えられがちですが、そこには意外な落とし穴があります。特に、乾燥肌であったりすると、日々の何気ない行為が、肌の乾燥をますます加速させ、ひいては肌質悪化の一因ともなり得ます。肌の健康のことを考えたら、メイク落としは、中に何が入っているのかは、重要なポイントとなります。よく合成界面活性剤が悪いと断定し、毛嫌いする向きは多いようですが、油分であるメイク...

 
 

イメージ的に、乾燥肌は、ニキビと無縁のような気がします。ところが、実際、両者はリンクしていることが多く、多くの女性の悩みの種ともなっているのが現状です。乾燥肌とは、新陳代謝がスムーズにいっていないことが多く、毛穴が開きにくくなっている状態でもあります。そのため、毛穴に皮脂を過剰に貯め込みやすくなり、ニキビのできやすい肌へと変貌していきます。悪化の度合いが進めば、生半可なケアでは、とても太刀打ちでき...

 
 

乾燥肌とは文字通り皮膚が乾燥して潤いを失った状態。その乾燥肌の治し方として、まず思い浮かぶのが保湿ケアです。肌にうるおいを与えるため、たとえばニベアなどの市販されている保湿クリームなどが思い浮かびますが、ちょっと待ってください。そもそも、皮膚とは外からの異物が入らないように設計された「身体の国境警備隊」なのです。その上から「保湿成分」を乗せたとしても、それのどれほどが皮膚の奥まで入るでしょうか?保...

 
 

世間には、医食同源という四字熟語がありますが、乾燥肌に効く食べ物というものもあります。日々楽しみながら、健康な肌作りというのも乙なものです。よく、黒い食べ物が、肌の潤いの元と言われますが、乾燥肌に効く食べ物として、重要な食材になってくれそうです。具体的には、黒豆、黒ゴマ、ヒジキなどが該当します。栄養学的に、ビタミンAは、皮膚・粘膜を丈夫にし、免疫力も高める成分であります。ビタミンAを多く含む食べ物...

 
 

乾燥肌への対策の第一歩は、化粧水(ローション)選びにあります。正しく使うことを前提として、自分の肌質に合っていれば、みずみずしい肌へと、華々しく変貌を遂げていくことでしょう。乾燥肌は、化粧水(ローション)に入っている成分にも十分注意する必要があります。刺激になる成分が入っていないことは最低限、さらに保湿機能に配慮された製品をさがしましょう。ヒアルロン酸入りなど、肌への水分補給源となってくれるものが...

 
 

乾燥肌であるがために、ファンデーションが肌に上手く乗らなくて難儀するということは、口コミを見るまでもなくありがちなケースです。いくらつけても、すぐに粉をふいたような肌になり、くすみや毛穴をカバーすることも叶わなくなります。ファンデーションは、本来、肌をきれいに見せるためのアイテムです。それが、乾燥肌が原因でベース作りができないとなれば、使う意味がありません。仮に、何とか肌に乗っかったとしても、すぐ...

 
 

乾燥肌は皮膚表面が荒れている状態なので、「傷を修復」という意味ではもともとBBクリームはよい選択肢だと思います。(BBクリームの「BB」は、「傷」を意味するBlemishと「香油」を意味するBalmの、それぞれの頭文字)ただ、それでも今ではさまざまな種類のBBクリームが各社から出ており、乾燥肌や敏感肌に向いた製品を選ぶためには、いろいろリサーチが必要です。そのブランドの姿勢や配合成分、愛用者の実感...

 
 

さまざまな資料から、古代エジプト時代に、現代のアイシャドウに相当するものが使われていたことが分かっています。当時にあっても当然、敏感肌の人はいたでしょうが、さぞかし苦労なさったであろうことは、容易に想像できます。アイシャドウは、大きくクリームタイプとパウダータイプに分かれますが、どちらが良いとは一概には言えません。乾燥肌にとって重視すべきなのは、自分の肌に直接塗るものに対して、どんな成分が入ってい...

 
 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼