敏感肌と紫外線

MENU

敏感肌と紫外線

敏感肌になってしまう外的要因はたくさんありますが、その中の一つに紫外線が挙げられます。
昔は、赤ちゃんを日光浴させると良いと育児書に書かれていたようなのですが、近年はオゾン層の破壊により、地球に届く紫外線量が増え、人が紫外線を浴び続けると皮膚ガンになる危険性も増えてきました。
それに、女性にとって心配なのは紫外線を浴びることによって増えるシミ、進んでしまう肌の老化です。
シミがどうやって出来るかなのですが、「メラニン」という名前はよく耳にすると思います。

 

そのメラニンは表皮の基底層という表皮の中の一番下のところにあります。
メラニンは色素で、髪を黒くしているのも日焼けで肌が黒くなるのもこれが作用しているからです。
メラニンも悪者のように扱われていていますが、きちんと役割があります。
日焼けで肌を黒くするのは紫外線から肌を守るためです。
ですが、ある程度の年齢を重ねてから紫外線を浴び続けるとターンオーバーの低下により、メラニンはうまく排出できなくなり、所々メラニンが過剰に働いている箇所は、周りの肌より黒くなってシミができます。

 

敏感肌になってしまうメカニズムですが、紫外線を多く浴びると肌の水分は蒸発して当然肌は乾燥してしまいます。
乾燥はお肌の大敵です。その状態が続くと、角質がぽろぽろ剥がれて少しの刺激でも過敏に反応してしまう肌になります。それが敏感肌です。

 

敏感肌になってしまったら、ますます紫外線は気をつけなくてはなりません。
肌の天然バリアが働いていない状態なので、紫外線の刺激がもろに肌に伝わります。
どんどん肌あれは進んでいってしまい、悪循環に陥ります。
そうならないように、水分補給と日焼け止めなどで紫外線に対抗しなければなりません。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌と紫外線関連ページ

原因
敏感肌にはさまざまな原因・要因があります。
ストレス
敏感肌とストレスには深い関係が…。
肌年齢・加齢肌
敏感肌と肌年齢はとても深い関係があります。加齢肌=敏感肌の部分もあるのです。
女性ホルモン
敏感肌と女性ホルモンとの関係について。
アレルギー
敏感肌とアレルギーの関係について。
住環境
敏感肌と住環境の関係について。
生活習慣
敏感肌と生活習慣の関係について。
季節
季節やその変わり目が敏感肌の原因やきっかけになることも。