敏感肌と住環境

MENU

敏感肌と住環境

敏感肌になってしまう要因は様々ありますが、その一つに住環境が挙げられます。
私達を取り巻く住環境によって、肌が敏感になってしまうことがあります。
まずあげられるのはハウスダストやダニ、カビです。
掃除を怠っていると、これらが原因でアレルギー性の敏感肌になる可能性があります。
まめに掃除機をかけて換気をしましょう。
でも、最近は花粉や黄砂も気になります。
ですから、窓を開けての換気よりも空気清浄機が1番安心かと思います。
しかし、空気清浄機もフィルターの取替えや本体のお手入れを怠っていると、カビの温床になっている場合や、ダニの死骸を舞い上げているだけになっている場合があります。

 

他には、新築の新居に住むことでアレルギー性の湿疹が出て、それからアレルギー性の敏感肌になってしまうケースもあります。
いわゆる「シックハウス症候群」です。
住居を建築する際に使用する塗料や、接着剤に含まれる有機溶剤や建材を虫などから守るための防腐剤が、人体に影響を及ぼすことが分かっています。
有機溶剤や防腐剤で原因物質としてあげられるのはホルムアルデヒド、トルエン、エチルベンゼン、パラジクロロベンゼンなどです。
症状として肌疾患以外には鼻水やくしゃみ、喉の痛み、など呼吸器疾患や頭痛・頭がボーっとする、めまい、といったことがあげられます。
新しい建築物は昔と違って密閉率が高い、ということも発症にさらに輪をかけていると言えます。
そして、密閉率が高いことで先程のダニ、これも昔よりも3倍ほど家庭内に増えていると言われています。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌と住環境関連ページ

原因
敏感肌にはさまざまな原因・要因があります。
ストレス
敏感肌とストレスには深い関係が…。
肌年齢・加齢肌
敏感肌と肌年齢はとても深い関係があります。加齢肌=敏感肌の部分もあるのです。
女性ホルモン
敏感肌と女性ホルモンとの関係について。
アレルギー
敏感肌とアレルギーの関係について。
生活習慣
敏感肌と生活習慣の関係について。
紫外線
敏感肌と紫外線の関係について。
季節
季節やその変わり目が敏感肌の原因やきっかけになることも。