敏感肌と女性ホルモン

MENU

敏感肌と女性ホルモン

よく生理前に肌が荒れるという話を耳にします。
みなさんも経験されたことがあると思います。
実際に肌の調子は、女性ホルモンと密接に関係しています。
女性ホルモンの周期というのは大体28日周期だと言われています。
まずは生理期間が4〜7日くらいあります。
その生理の終わり頃から排卵の直前まで、エストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌されます。
エストロゲンは美人ホルモンとも言われていて、これが多量に分泌されると、お肌がつやつやもちもちになり女性的魅力がアップします。
エストロゲンが分泌されるのは妊娠の準備をするためのことです。
そして、卵巣で育った卵が十分育つよう、子宮内に着想しやすいようにしてくれます。

 

これに対して、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンがあります。
これが肌にとっては厄介なホルモンで、肌荒れやニキビ・吹き出物といった肌のトラブルを引き起こし、肌以外では月経前のイライラや体のだるさ、便秘、腰痛などいいところなし??
そんなプロゲステロンですが、勿論重要な役割もあります。
プロゲステロンの大事な役割、それは受精卵が着床しやすいように子宮内膜を分厚くふんわりさせくれます。
それで妊娠しなかった場合、子宮内膜は剥がれ落ちて生理がきます。
大体この一連の流れの周期が28日周期と言われています。
そして、この女性ホルモンの働きによって肌の調子は左右され、肌も大体が28日周期で入れ替わると言われています。
その28日周期のことを、ターンオーバーと言います。
表皮の1番下の細胞が肌の1番外側まで上がってくるのに約14日、その後、自然に剥がれていくのに14日ほどかかると言われています。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌と女性ホルモン関連ページ

原因
敏感肌にはさまざまな原因・要因があります。
ストレス
敏感肌とストレスには深い関係が…。
肌年齢・加齢肌
敏感肌と肌年齢はとても深い関係があります。加齢肌=敏感肌の部分もあるのです。
アレルギー
敏感肌とアレルギーの関係について。
住環境
敏感肌と住環境の関係について。
生活習慣
敏感肌と生活習慣の関係について。
紫外線
敏感肌と紫外線の関係について。
季節
季節やその変わり目が敏感肌の原因やきっかけになることも。