敏感肌の原因

MENU

敏感肌の原因

敏感肌の原因とは

 

●加齢によるエイジング乾燥
●季節要因による乾燥肌
●ホルモンバランス
●アレルギー

 

などが考えられます。

 

いずれにしても皮膚表面のバリア機能が損なわれた状態がいろいろな不快な状態を引き起こします。
「保湿」「水分補給」が大切、とも言われますが、「バリア層がボロボロ」の状態でいくら潤い補給をしても、穴のあいたバケツに水を注ぐのと同じことです。
まず、第一に必要なのは「ボロボロのバリア層を補強すること」です。
ただ、そこに着目したスキンケア用品はたくさんあるとはいえません。

 

「敏感肌かもしれないけど、よいケア方法を知らない」という方には、敏感肌専門に開発されたスキンケアがおすすめです。
皮膚のバリア機能をアシストすることで敏感肌の原因を抑え、さらに、アンチエイジング成分も配合。肌をふっくら保湿して「かゆみ」の原因である「乾燥」を抑えるだけでなく、敏感肌でも「ほうれい線」や「枯れ肌」などのエイジングケアができるということで女性誌でも話題に。
人によってはかなり早い機会に違いを実感することができると評判です。

 

今すぐにその「皮膚のバリア機能をアシストする化粧品」のサイトを見たい方はこちらからクリック!

 

なお、その敏感肌用化粧品については、当サイトでも詳しい解説をしています。詳細ページはこちらから▼▼
バリア機能をアシストする敏感肌ケア術

敏感肌の原因記事一覧

 

敏感肌の原因としてはまず、遺伝的な要因が考えられます。アレルギー性の敏感肌がこれにあたります。金属アレルギーであれば、アクセサリーや時計などの金属を身に着けていると赤く腫れたり、痒くなったりします。化粧品や塗り薬に含まれる特定の物質で、アレルギー反応が出る場合もあります。特定のアレルゲン(アレルギー物質)に反応するという遺伝子を持っていると、何かのきっかけでアレルギー性の敏感肌になってしまいます。...

 
 

肌の状態とストレスは密接に関係しています。その因果関係ですが、まず外部からのストレスはどのようなものがあるか、そもそも「ストレス」を感じるのはどのような状態なのでしょうか。その前に、まずは脳の構造の説明です。脳は、その役割によって大きく3つに分けることが出来ます。中心部分を「脳幹」と言って、これは脊髄や末梢神経に繋がっていて自律神経をコントロールし、生きていくための活動をしている部分です。その外側...

 
 

年齢を重ねて、昔より敏感肌になったという話をよく耳にします。それは事実なのでしょうか?事実だとしたら、どのようなメカニズムでそうなるのでしょうか?まず肌には天然のバリア機能といって、外部刺激からお肌を守る自然のバリア機能が備わっています。肌の表面の皮脂膜は、汗と皮脂が混ざり合って天然の乳液の膜で肌を守ります。その具体的な働きは、表皮からの水分の蒸発を防ぐことや外的刺激を防ぐこと、角質がまだ剥がれる...

 
 

よく生理前に肌が荒れるという話を耳にします。みなさんも経験されたことがあると思います。実際に肌の調子は、女性ホルモンと密接に関係しています。女性ホルモンの周期というのは大体28日周期だと言われています。まずは生理期間が4〜7日くらいあります。その生理の終わり頃から排卵の直前まで、エストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌されます。エストロゲンは美人ホルモンとも言われていて、これが多量に分泌されると、お...

 
 

敏感肌と一言で言っても種類は様々で乾燥性敏感肌、アレルギー性敏感肌、混合型などあります。敏感肌になってしまった原因も様々で、先天的なもの後天的なもの、アレルギー、それから悲しいですが加齢・・・などが挙げられます。アレルギー性の敏感肌、いわゆる突然起こる「皮膚のかぶれ」ですが、これは「接触性皮膚炎」と言います。その対象物に接触することによって赤く腫れたり、水泡が出来るなどの症状が現れることです。接触...

 
 

敏感肌になってしまう要因は様々ありますが、その一つに住環境が挙げられます。私達を取り巻く住環境によって、肌が敏感になってしまうことがあります。まずあげられるのはハウスダストやダニ、カビです。掃除を怠っていると、これらが原因でアレルギー性の敏感肌になる可能性があります。まめに掃除機をかけて換気をしましょう。でも、最近は花粉や黄砂も気になります。ですから、窓を開けての換気よりも空気清浄機が1番安心かと...

 
 

敏感肌には、アレルギー性敏感肌などのように先天的なものと、毎日の生活習慣や住環境によって敏感肌になってしまう後天的な敏感肌があります。住環境による敏感肌の場合は、思い立ってすぐに改善できるものではありませんが、生活習慣でしたらすぐに改善することが可能です。敏感肌の要因となる生活習慣がいくつかあるので挙げていきます。まずは睡眠です。寝不足や遅い時間の就寝はホルモンのバランスを崩す原因です。ホルモンの...

 
 

敏感肌になってしまう外的要因はたくさんありますが、その中の一つに紫外線が挙げられます。昔は、赤ちゃんを日光浴させると良いと育児書に書かれていたようなのですが、近年はオゾン層の破壊により、地球に届く紫外線量が増え、人が紫外線を浴び続けると皮膚ガンになる危険性も増えてきました。それに、女性にとって心配なのは紫外線を浴びることによって増えるシミ、進んでしまう肌の老化です。シミがどうやって出来るかなのです...

 
 

敏感肌と季節には、とても深い関係があります。季節の変わり目や暑い夏の日、夏の疲れが肌に出る秋口、乾燥しがちは秋・冬と1年中いつでもお肌は季節に左右されています。季節の変わり目というのは肌だけでなく、体にも変調をきたします。いわゆる木の芽時です。春先は日々気温が変わり、昨日はポカポカ陽気だと思っていても、今日は春の嵐、というように天気も気温も不安定です。外的環境の変化が多いと知らない間に私達の体はス...

 
 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼