敏感肌と洗濯

MENU

0歳を過ぎて肌がデリケートになってきた…と感じるのならばお洗濯にも注意をはらうべき

敏感肌を悪化させる原因の一つに、衣服とりわけ肌に直に触れる下着が原因になっていることがあります。
洗濯する本人はもちろん、その洗濯したものを着たために肌が荒れるなどのトラブルに見舞われでもしたら、洒落になりません。

 

敏感肌であるからと、衣服には低刺激の線維のものを選ぶなど、気を使う人は多いのでしょう。
そして、それを洗濯する際に使う洗剤にも、十分に配慮したいところです。

 

最近では、敏感肌用に、いろいろなメーカーから、低刺激の洗剤が数々販売されています。

 

もし近場で適当な洗剤が売られていないのであれば、通販で購入する方法もあります。
口コミや評判を参考に、汚れ落ちが良く肌が喜んでくれそうな商品を選び取りたいものです。

 

敏感肌は、何も最近になって増えてきた訳ではないのでしょうが、最近になって肌に優しい洗剤は、特に増えてきた観は確かにあります。
中には、誰もが知る大手メーカーの製品もあって、洗剤本来の衣服をキレイにする機能の他に、安心して使えるという安心感を持与えてくれます。

 

洗浄能力は似たり寄ったりかもしれませんし、どのメーカーであっても、自分が好きな洗剤を選べばよいのですが、何にしても、洗濯洗剤は適量を守ることが肝要です。
適量は、箱側面などにある説明書きに目安量が記載されているので、参考にすると良いでしょう。

 

洗剤は、必要以上にたくさん使えば良いというものではありません。
量が多過ぎれば、すすぎ残しが起こり、環境悪化の原因ともなることは、洗濯経験者ならずとも誰もが知るところです。
残存する洗剤成分は、敏感肌への刺激となり、肌の状態を悪化させる原因ともなり得るので、洗剤はあくまでも適量が基本です。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌と洗濯関連ページ

注意する食べ物
毎日食べる食べ物の中にも敏感肌への招待券が?
花粉
敏感肌の人は花粉にも気をつけるべし。
敏感肌は汗にも刺激を受けることがあります。自分の汗がアレルゲンとなる湿疹などもあるので、注意が必要です。
衣類の選び方
敏感肌の場合、衣類の繊維に反応することがあります。衣類の選び方にも注意が必要です。
黄砂
敏感肌と黄砂は関係ある?