敏感肌と汗

MENU

敏感肌、自分汗に対してアレルギー反応

敏感肌になると様々な物質ですぐに反応し痒みや湿疹、赤みなどの症状が出るようになります。
その中でも自分自身が分泌している汗にも痒み・湿疹などのアレルギー反応を起こす方が数多くいます。
つまり自分の汗がアレルゲンになっているのです。

 

その場合、汗をかいたらその都度、水で流すのが対策ですが、外で働いている女性ですと、朝メイクをしてから夜帰ってメイクを落とすまで顔を洗うことができません
夏場に朝の通勤で汗をかいて職場について、首や腕などは市販の汗ふきシートでしのげますが、顔はそうはいきません。
うちに帰るまで、痒さに耐えながら仕事をしなければなりません。

 

汗は血液から作られますが、その血液の中には「ヒスタミン」という痒みを引き起こす成分が含まれています。
敏感肌の方が汗に対してアレルギー反応を起こしてしまうのはこのためです。
このヒスタミンは、体の一箇所を激しく掻くとたくさん生成されて血液中に混ざって、体中を駆け巡ります。他の箇所も、連鎖反応的に痒くなっていきます。

 

最近、広島大学大学院の研究チームが研究結果を発表したところによると、誰の皮膚にもあるグロボーサというカビが、汗に溶けてできるタンパク質が毛穴に入ることでかゆみや炎症を起こす「ヒスタミン」がたくさん生成され、アレルギー反応を起こすということです。

 

では、敏感肌で汗に過敏に反応してしまう人はどのように対策したらいいのでしょうか

 

有効なのは冷やすことです。
冷やすことで、ヒスタミンの活動を抑えることができます。
職場に冷蔵庫があれば、保冷剤などを冷凍室に常備しておきましょう。
それをハンカチでくるんで患部にあてることで、赤みや湿疹を抑えることができます。

 

また、敏感肌とは「お肌のバリア機能」が損なわれた状態です。
物理的に「お肌のバリア機能」をアシストするというスキンケアもあります。
バリア機能のサポートについて詳しい解説はこちらのページです(当サイト内のページです)⇒クリック

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌と汗関連ページ

注意する食べ物
毎日食べる食べ物の中にも敏感肌への招待券が?
洗濯
敏感肌である、30歳を過ぎて肌がデリケートになってきた…と感じるのならば、お洗濯にも注意をはらうべきです。
花粉
敏感肌の人は花粉にも気をつけるべし。
衣類の選び方
敏感肌の場合、衣類の繊維に反応することがあります。衣類の選び方にも注意が必要です。
黄砂
敏感肌と黄砂は関係ある?