30代の肌のブツブツ

MENU

ホルモンバランスの乱れが原因?

30代女性を中心に、生理前になると、肌にブツブツができる悩みを訴えることは多いうようです。

そこには、ホルモンバランスの変化など、女性特有の原因が引き金になっていることが多いとされます。

 

女性特有の月経は、肌の状態にも大いに関係しています。
月経から排卵までは、ホルモンのエストロゲンの分泌が盛んになり、肌につやと潤いがもたらされ、言わば「ツヤピカ期」です。

 

ところが、排卵後はエストロゲン分泌が減り、黄体ホルモンのプロゲステロン量が増加します。
この時期は、肌荒れが起こりやすい要注意期で、ブツブツができたり、頭痛に肩こり、イライラに悩まされたりすることも多いのが特徴です。

 

月のある時期に、ブツブツができたりするなどの体調変化は、30代あたりの女性には、ある程度は宿命的なのでしょうが、ストレスや疲労がたまると、ホルモンバランスが乱れ、肌の状態が悪化することもあります。
日常生活に支障をきたすほど重症化すれば、PMS(月経前症候群)と呼ばれ、女性外来などの治療が必要になり、30代も多く受診しています。

 

ホルモンバランスは、日常生活の状態も影響を与えます。


30代ともなると、仕事でも家庭でも忙しさのピークを迎える状態で、抱え込むストレスも相当なものがあります。
さらに、睡眠不足や暴飲暴食などが加われば、30代あたりでツケを払わせられそうです。
そうしたある日、ブツブツができるのは、体からのSOSに他なりません。

 

ちなみに、病院でブツブツの原因がホルモンバランスの乱れにあると診断された場合、しばしば低用量ピルが処方されます。
ホルモンバランスが整い、皮脂分泌量が安定化することで、肌トラブルも治まってくる寸法です。

 

また、場合によっては皮膚のバリア機能の衰えによって、外界からの刺激に敏感になっているせいかもしれません。
いわゆる30代になってからの敏感肌デビューです。
その場合は、皮膚表面のバリア機能を強化することが大切です。
バリア機能が強くなれば、水分が蒸散しない=保湿にもなる上、外界からの刺激物にも強くなります。
バリア機能のサポートについて詳しい解説はこちらのページです(当サイト内のページです)⇒クリック

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

30代の肌のブツブツ関連ページ

お肌の曲がり角とは?
お肌の曲がり角は何歳にくるの?それはどんなことでわかるの?
30代で肌荒れデビュー?
若いころは気にならなかったのに30代になってから肌荒れに悩むケースは多数に上ります。
30代肌荒れの原因は?
30代肌荒れの原因は加齢?それとも…
30代の肌の悩みに…
30代は生理的な変化に見舞われるだけでなく、仕事や子育てに追われ、自分のケアもおろそかになりがち。そんな肌の悩みには…?
30代の肌のたるみ
30代になると肌のたるみが気になります。目尻、口元、あごのラインなどのたるみ対策は?
30代の肌のお手入れ
30代の肌のお手入れの基本は保湿。かといって保湿コスメをべたべた塗りまくるだけではダメです。
30代の肌荒れやニキビ対策
30代女性の肌荒れの悩みは色々とあるようですが、中でもニキビの悩みは大人ニキビと称され上位にランキングされます。
30代の肌荒れは乾燥が原因
多くの30代が体感する肌荒れの主な原因は乾燥にあります。
お肌の曲がり角の対策は?
お肌の曲がり角を年齢だからとあきらめることなく、それなりの対策をとれば将来に大きな差が生まれます。