肌がピリピリ・ひりひりする

なんでもないのに肌がピリピリ・ひりひりする

特に傷つけたり刺激を与えたつもりはないので、肌のピリピリ感を訴える人がいます。
この場合の肌のピリピリはいったいなんなのでしょう。
特に傷もないのにどうしてこのような感覚に襲われるのでしょうか。

 

現象として考えられるのが、神経線維がお肌の表層近くまで伸びてきて、それで(意識できないほど)微弱な刺激に反応しているということです。
「神経線維が伸びて」と書きましたが、同様の状態になるのが「皮膚が薄くなる」という状況です。
これは、いわゆる敏感肌特有の感覚として捉えてよいでしょう。

 

敏感肌とは、皮膚表面のバリア機能や正常な免疫反応がおかしくなった状態です。
肌のバリア機能がゆらいで弱くなる原因は、「季節要因によって皮膚が乾燥する」「加齢によって皮膚が乾燥する(潤いがなくなる)」などが挙げられます。
他にも過労やストレスによる免疫機能の低下の場合もあります。

化粧品を塗るとピリピリ・ひりひりする

化粧品は「肌をケアするもの」ではありますが、さまざまな成分が入っており、中には敏感肌に刺激をあたえる場合もあります。
時に、有効成分が濃厚な場合でもピリピリ・ひりひりするケースもあります。
いずれの場合でも不快に感じる時には、いちど洗い流して、使用を中止、何日か様子を見る、といった対応をとったほうがよいでしょう。
また、今まで平気だった化粧品なのにある日突然ピリピリ・ひりひりするようになった、という経験もあるでしょう。
それは、化粧品のほうに変化がないのだとしたら、あなたのお肌のほうに変化があったと考えるのが自然です。
ストレスや過労、季節の変わり目によるホルモンの変動、花粉やハウスダストの量などにより、お肌のバリア機能も変動します。
つまり、今まで敏感肌ではなかったから、明日からもずっとそう、というわけではないのです。
むしろ、「今まで自覚していなかったけど、実は敏感肌だった(あるいはその素養があった)」という人のほうが圧倒的に多いのです。

 

なお、皮膚の状態に異常はないのに、ピリピリ感が以上に強い、あるいは同じ所で繰り返す、などの場合は、皮膚科ではなく、神経系の病気も疑われます。ひどい場合は最寄りのクリニックへ相談してみましょう。