敏感肌と日焼け止め

MENU

敏感肌と日焼け止め

敏感肌の方は、どうしても化粧品や塗り薬、日焼け止めなど体に塗るものの成分に神経質になってしまいます。
そして、敏感肌の方は紫外線にも敏感です。
敏感肌の方でなくても、紫外線は女性のお肌の大敵です。
紫外線を浴びた分だけ肌は老化し、シミ・そばかすは増えていきます。
その怖い紫外線をカットするために塗るのが日焼け止めですが、その内容物は紫外線以上に怖い可能性があります。

 

日焼け止めの半数以上に入っている紫外線吸収剤、吸収剤というと紫外線を肌に吸収しそうですが、そうではなく、肌に紫外線が入っていかないように紫外線吸収剤そのものが紫外線を吸収します。
紫外線吸収剤を塗ったところに紫外線をあてると科学的な変化を起こし、紫外線は熱や、その他の物質になり放出されます。
ですが、その化学的変化で出来る物質に発ガン性の可能性があるなど、化学変化の際に肌への負担が大きいです。

 

紫外線吸収剤の成分表示をあげていくと、PABAオキシベンゾン(1、2・・・など後ろに数字が表記されます)、サリチル酸オクチル、ドロメトリローズ、イソプロピルケイヒ酸エチル、オリザノールなど他にもたくさんあります。

 

紫外線吸収剤と同時によく入っているのが紫外線散乱剤です。
これは鏡のような役割で紫外線は反射させて、肌に紫外線が吸収されるのを防ぎます。
主な成分は、酸化チタンや酸化亜鉛です。紫外線散乱剤は、比較的肌への負担は少ないと言えます。
肌を守ろうとして日焼け止めを塗っているのに、日焼け止めでかえって肌がダメージを受けてしまう場合があるので気をつけましょう。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌と日焼け止め関連ページ

サエル
敏感肌用の日焼け止めクリームなら敏感肌専門ブランド・ディセンシアの美白ライン「サエル」が最適。