アヤナスのバリア機能

MENU

バリア機能の強化がさまざまなトラブルの回避につながる

肌のバリア層をサポートする化粧水や美容液…
「そのブランドに変えただけで肌が見違えた」という人もたくさんいます。

ベストコスメ4冠を獲得した敏感肌専用コスメを今すぐに見たい方はこちらのリンクからどうぞhttp://decencia.co.jp

 

さて、敏感肌のさまざまな肌トラブルの原因は「肌のバリア機能の衰えや損傷」にあります。
大げさに言えば「肌のバリアがケガをした状態」です。

ケガは通常、自然治癒力によって元通りになりますが、ケガをした部分に刺激が休みなく続くと、自然治癒することができませんね。
だから、もし、普通のケガをした時には、そのケガをしたところにコラーゲン注射を打ったりするより先に、傷をふさいだり覆ったりします。
それによって、傷を負った部分がさらなる刺激を受けることから守り、自然治癒力の働きを待つわけです。
ですから、敏感肌の場合も、「バリア機能の回復」あるいは「バリア機能のサポート」がまず先決です。
そして、「バリア機能の回復」あるいは「バリア機能のサポート」が、あらゆる悩みの解決に結びつくのです。

特許技術を応用したアヤナスのバリアサポート機能

ディセンシアは、もともと敏感肌のために生まれたブランドで、この「バリア機能のサポート」については最初から着目していました。

そうして完成したのが、特許技術の応用によって生まれた「ヴァイタサイクルヴェール(R)」です。
もとになる成分はベントナイトという鉱物成分
小さな板状構造をしていて、それが肌表面に密着するとヴェールとなってバリア機能を発揮。外部刺激をブロックするのです。
傷んだ肌表面に、目に見えないほどの小さな盾を敷き詰めたようなイメージ。
外部からのあらゆる刺激物をここで跳ね返し、さらに内部に対してはパックしているような状態になるので、水分の蒸発も抑える=つまり「乾燥」という外部刺激も跳ね返してくれるのです。

 

保湿にも威力を発揮するヴァイタサイクルヴェール(R)」

「ヴァイタサイクルヴェール(R)」のすごさは、それだけではありません。ベントナイトに有効成分を配合することで、さらなる保湿効果も導き出しています。
その有効成分のひとつが「ヒト型ナノセラミド」
微小サイズのヒト型セラミドが、ベントナイトの「盾」の下で、すきまだらけになっている角層のすみずみまで浸透
保湿機能を高めてくれるのです。

 

実は、当サイト編集部では、最初、どうしてベントナイト=「盾」だけが選択的に肌表面に止まるのかの理由が分かりませんでした。
もし、ベントナイトが角層まで入ってしまってはバリア機能は発揮できないわけですから。
そこでメーカー(ディセンシア)の商品企画部マネージャーの石塚さんに直接お会いして聞いてみました。
この方です▼

そうしたところ、次のような答えが返ってきました。

「特に、ベントナイトが表面にとどまるような成分的工夫はないのですが、ベントナイトの板状の形状がポイントになっているようです。実際に塗ったところを顕微鏡で拡大してみると、ベントナイトが肌表面にとどまり、バリアを形成しているのを見ることができるんです」

なるほどです。
これまでの話を1枚の図説にまとめたのが以下になります。

 

ちなみに、この「ヴァイタサイクルヴェール(R)」の特許内容ですが、特許公報(特許番号5044402号)の中では、アトピー性皮膚炎や該炎症などにも言及され、「低刺激性で日常的に使用することができる皮膚外用剤を提供することができる」と記述されています。
さらに、「抗炎症医薬部外品、抗炎症皮膚外用薬医薬に適用することもできる」というような記述も見ることができます。

 

特許技術を応用した「ヴァイタサイクルヴェール(R)」、化粧品成分としても十分な働きが期待されます。そして、使っている間、肌を守ってくれるだけでなく、使い続けることで、肌荒れの繰り返しに歯止めをかけてくれそうですね。

 

まずはお得で格安なお試しセットがあるので、それで違いを実感してはいかがでしょう。体験から言えば、保湿効果は翌朝にすぐ違いがわかると思いますよ。

 

アヤナス10日間トライアルセット▼申込みはこちら▼

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

アヤナスのバリア機能関連ページ

敏感肌用エイジングケア化粧品の条件
敏感肌の人が使うエイジングケア化粧品の条件とは?
敏感肌のエイジングケア
敏感肌のエイジングケアは、生活習慣、環境、化粧品など多岐にわたります。