敏感肌用エイジングケア化粧品の条件

MENU

敏感肌用エイジングケア化粧品の条件

お肌のエイジングケアといえば、シミやくすみ対策だったり、シワ、タルミなどをどうする、あるいは乾燥したカサつき肌のケアなどが思い浮かびます。
「紫外線に当たらない」「保湿に気をつける」「お肌のマッサージを行う」など、いろいろなケア方法がありますが、エイジングケア、あるいはアンチエイジング用の化粧品というのもありますね。
「海洋酵素でターンオーバーを促進」とか「キャッツクローという植物成分でシミケア」など、各社、いろいろな成分でいろいろなキャッチフレーズを謳っています。
中には、ヘビ毒成分シンエイクとかカタツムリ成分などの変わりダネもあったりしますが、やはり心配になるのは、「その成分、敏感肌に大丈夫かしら?」ということ。

 

一般的イメージではありますが、「効果が強そうな成分ほど肌に負担をかけるのでは?」と不安になります。

 

そこで、長く敏感肌で悩む人は、「効果のある成分を加算する」のではなく、「負担のある成分を引き算する」という化粧品に走りがちです。
どんなに「エイジングによい」と言われても、使う度に肌がピリピリしたり、肌が荒れたりしてはたまりませんから。
その結果、「敏感肌だと効果的なアンチエイジングはできないのかも」と思ったりします。

 

そんなことはないのですが、実は、敏感肌でエイジングケアをする化粧品には、欠かせない条件があります。
肌に刺激のある成分が配合されていないのはもちろんですが、さらに注目すべきは、「肌のバリア機能へのサポートがあるかどうか?」ということです。

 

もともと、敏感肌の特徴は、皮膚表面のバリアが損なわれたり弱ったりしているということ。
そのせいで外部刺激に過敏・過剰に反応するわけですから、まずは、そのバリアをしっかり機能させることがすべての問題解決の糸口になります。
その上で、アンチエイジング成分をきちんと肌内部に封じ、じんわりエイジングケアができたらイイわけです。

 

ただ、この「肌のバリア機能をサポートする」というポイントに着目した化粧品はそんなに多くはありません。
なぜならば、その発想自体がない、あるいは技術がない、というメーカーが多いからです。
当サイトでは、いろいろなエイジングケア化粧品を調査した結果、ひとつのブランドを推薦しています。
それは、ディセンシアのアヤナスです。

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

敏感肌用エイジングケア化粧品の条件関連ページ

アヤナスのバリア機能
アヤナスのバリア機能は、特許技術の応用によって生まれた「ヴァイタサイクルヴェール?」。
敏感肌のエイジングケア
敏感肌のエイジングケアは、生活習慣、環境、化粧品など多岐にわたります。