敏感肌30歳からのスキンケア

MENU

30歳は敏感肌のデビュー年?

花粉の季節に顔がかゆい、いつもと同じ化粧水なのにピリピリする…

 

「あれ、これって敏感肌?」 

 

若い頃はぜんぜん気にならなかったのに、30歳前後から肌の調子に変化を感じる人は多くいます。ある調査によれば二人に一人は30代、とくに「30歳」という節目付近で「お肌の曲がり角」を感じています。」

そのすべてが敏感肌とは言い切れませんが、お肌のコンディションの変化が訪れているのは間違いありません。

 

●肌が乾燥する。
●小じわが気になる。
●肌が疲れて見える。
●顔にかゆみを感じることがある。
●以前よりハリがなくなった。
●毛穴が目立つ。

 

人それぞれいろいろなや違和感がありますが、それは敏感肌の兆しかもしれません。※敏感肌かどうかを知りたい★敏感肌チェックシートを見る★

 

 汗をかくと肌がむずがゆくなることがある。
 冷たい風や日光で湿疹のようなものができたことがある。
 同じ化粧品なのにピリピリを感じることがある。
 同じ化粧品なのにお肌が赤くなったりハレたことがある。
 化粧品を変えたら肌に異常を感じたことがある。
 季節の変わりめで肌がゆらぐことがある。
 ストレスがある時や忙しい時に肌が荒れたことがある。
 秋冬に肌が乾燥してつらい。
 原因がわからない湿疹ができることがある。
 アトピー性皮膚炎である、あるいはそうだったことがある。

 

 このうち複数個当てはまる場合は敏感肌の可能性が濃厚です。

★閉じる★

 

そして、どうしてそうなったのかという原因も、無数に考えられます。たとえば、「加齢乾燥」「多忙」「睡眠不足」「ストレス」「ホルモンの変調」などです。そのすべての原因を取り去ることができればイイのですが、そうもいきませんね。

 

では、どうするか?

シンプルな考え方ですべて解決する?

肌が痒い、ひりひりするなど、敏感肌の「症状」は様々にあり、「原因」も無数にあります。
それらをひとつひとつ全部解決していくのはとても大変ですが、実は共通点がひとつあるのです。
それは、「敏感肌の皮膚はバリア層が損なわれている」ということ。

このイラストのように、肌表面のバリア層が弱くなっているために、外部からの刺激に反応しやすくなり(かゆくなったり炎症を起こす)、しかも内部の潤いも逃げていってしまう(乾燥肌になる)のです。
この「皮膚のバリア層」をリペアすることができれば、さまざまな問題の解決に近づくことができます。

 

なぜ、バリア層が弱くなったのかという原因はいくつもあり、そのすべてを解決することは困難ですが、その結果生じている「バリア層のほころび」をサポートすることは可能ですし、もっともシンプルな解決方法であります。
ならば、取るべき対策もシンプルです。

 

@バリア層を破壊するようなことをしない。
Aバリア層をサポートするローションやクリームを使う。

 

このふたつです。

 

@は、「ゴシゴシ洗顔をしない」「過度のピーリングをしない」「紫外線を浴びない」「寒さや暑さ、乾燥した空気に肌をさらさない」などがあります。
ではAはどうすればよいのでしょう?
イメージでいえばこうなればよいわけです。

こんなことがローションやクリームでできるの??
そうですね、普通の化粧品ではなかなか難しいかもしれません。
でもある特許技術を使った製品ならばこんなことができます。

特許技術を使ったスゴイ化粧品ですが、すでに市販されており、誰でも購入することができます。
「すぐに買いたい!」という方もいるかもしれませんが、もうちょっとだけ詳しい解説に目を通してください。
こちらから⇒ちょっと詳しい解説ページ

 

 

シワやほうれい線、枯れ肌や加齢肌に直結する、放ってはおけない敏感肌。効果的な対策は??

▼▼▼

更新履歴